【キレイ保てる】コーティングした車は水洗い洗車で汚れが落ちる

[voice icon=”https://masahikoblog.net/wp-content/uploads/2020/11/kangaeruhito.png” name=”キレイな車を洗車しようとしている人” type=”l big”]コーティングしてある車は、どうやって洗車すればイイのかな?

どんなことに注意して、洗車をすればイイんだろう?[/voice]

 

こんな、疑問に答えます。

 

この記事では、

  • コーティングした車は水洗い洗車で汚れが落ちる
  • コーティングしてある車の洗車方法紹介
  • コーティングした車を洗車するときに注意すること

 

こういった内容で紹介します。

 

コーティングしてある車の洗車方法って迷いますよね?

車を買ったとき、水洗い洗車だけでOKと言われても、ホントにそれだけで汚れが落ちるのか疑問に感じると思います。

結論、コーティングをした車を洗車するときは水洗いだけで十分です。

 

ぼく自身は、個人的に車のコーティングに興味があり、色々と実践してきた経験があります。

とはいえ、コーティングのプロのような専門的な知識があるわけではありません。

この記事では、ぼくの経験をもとにコーティングした車の洗車について記事にまとめました。

 

コーティングした車は水洗い洗車で汚れが落ちる

結論、コーティングした車は、水洗いだけでも、十分汚れは落ちます。

なぜなら、コーティングは汚れをボディから守るために付けられているものだからです。

 

そもそも、コーティングの効果は、以下の点です。

  • ボディの保護
  • 塗装の劣化防止
  • 汚れの付着防止

ボディの保護

コーティングはボディの保護を目的につけてます。

たとえば、車のボディに付着するものとして、

  • 鳥のフン
  • 鉄粉
  • 虫の死骸

などなど。

こうした汚れから、ボディを守るためにコーティングが付いてます。

コーティングは、車のボディガードのようなものです。

 

塗装の劣化防止

塗装の劣化を防ぎます。

車の塗装は、ある程度年数が経つと、色褪せした見た目になってきます。

たとえば、街中の古めの車で、よくルーフの塗装がとれて、鉄板がみえてるの見かけたことありませんか?

あの現象は、紫外線や雨などで塗装が剥がれたものです。

コーティングは、そうした塗装の劣化を防いでくれます。

塗装が剥がれた車は、見た目がダサいですよね?

せっかくなら、キレイな状態で気持ちよくなりたいものです。

 

汚れの付着防止

汚れの付着を防いでくれます。

先ほどもお伝えしたので、良いかと思います。

汚れ防止=ボディの保護

車以外でも、汚れが付着すると、取りづらい経験ありませんか?

塗装の保護ともかぶりますが、付着した汚れを無理やり取ろうとすると、塗装が剥がれることがあります。

そうした問題を起こさないように、コーティングは付いてます。

 

コーティングしてある車の洗車方法紹介

以下の手順で問題ないです。

  • 足回りの洗浄
  • 天面を向いている部分お洗浄
  • サイド部分の洗浄
  • 細かいところの洗浄

と、ざっくりとこんな感じで進めます。

 

足回りの洗浄

ホイールやタイヤ、ホイール内をキレイにしましょう。

先に足回りを洗う理由はこちら。

一番汚れがひどい

これ一択です。

先に汚れのひどいところを洗わないと、他のキレイにしたところの汚れが飛んで、汚くなってしまう恐れがあります。

この問題を解消するために、先に足回りの洗浄を済ませます。

一番汚いところの洗浄は、気力と体力が入ります。それにホイールは複雑なデザインが多く、洗うのが大変です。一番手のかかるポイントは先にやっつけましょう!以外と洗車は体力勝負ですl!

 

というわけで、洗車を始めたら、すぐに足回りの洗浄をしましょう。

 

天面を向いている部分の洗浄

掃除の基本ですね。

上から洗っていきましょう。

洗っていくと、泡がサイドに流れます。サイドの汚れも多少落とせるので、うまく洗浄液を使いましょう!

洗浄順はこんな感じでやるとスムーズです。

  1. 運転席側のルーフ
  2. 運転席側のフロントガラス
  3. 運転席側ボンネット
  4. 助手席側ボンネット
  5. 助手席側フロントガラス
  6. 助手席側ルーフ
  7. 助手席側ハッチ
  8. 運転席側ハッチ

これで一周回れば、天面が一通りキレイに仕上がります。

いかに楽に洗車をするかは、移動距離を少なくする事が大切です。最短距離で時間短縮と退職温存しましょう。モチベーションが続きますよ!車の中で汚れが目立ちやすい場所かと・・・。

スポンジを滑らせる様に車をキレイに仕上げていきましょう。

 

サイド部分の洗浄

サイド部分は以下のところです。

  • ドア部分
  • ウインドウ
  • ハッチの下部分
  • ホイールジャ薄の周辺
  • 車のお顔部分

先ほどの天面を向いている部分を洗っていると、泡が滴り落ちているかと・・・。

その泡を利用しつつ、スポンジでキレイに洗っていきましょう。

この時に以下の感じで洗っていくと効率いいですよ!

  1. 運転席のドア&ウインドウ
  2. 自運転席側のフロントホイールハウスの周辺
  3. お顔部分(ヘッドライトとか、ナンバープレート周辺とか・・・)
  4. 助手席側のフロントホイールハウスの周辺
  5. 助手席側のドア&ウインドウ
  6. 助手席側リアのドア&ウインドウ
  7. 助手席側のリアホイールハウス周辺
  8. ハッチの側面(バックライトとか、ナンバープレート周辺とか・・・)
  9. 運転席ん代わりあのホイールハウス周辺
  10. 運転席側リアのドア&ウインドウ

と長くなりましたが、こんな感じです。

図解にすると、こんなイメージになります。

この時、一緒にバケツを持って移動しましょう。いちいちバケツの場所jまで移動するのがめんどくさいからですね。これも作業効率アップで体力温存です。

 

こんな感じでサイド部分は洗車していきましょう。

 

細かいところの洗浄

細かいところの洗浄をしましょう。

ここまで、ざっくりと洗車ができますが、細かいところまでは手が届いてません。

小さめのスポンジとかウエスを使ったりして、キレイに洗っていきましょう。

洗いにくい部分としては、

  • エンブレム
  • ドアのノブ付近
  • サイドミラー周辺
  • フロントマスクの複雑な形状
  • ハッチのナンバープレート周辺

このあたりが洗い残しが発生しやすいです。

見えない細かいところの洗浄が、キレイに車をや持つ秘訣でもあります。サイドミラーの涙の様にたれた後は、なんかいやですよね?

なので、全体をざっくりと洗い終わったら、細かいところも忘れずに洗いましょう。

 

コーティングした車を洗車するときに注意すること

以下の通り。

  • キレイなマイクロクロスを使う
  • 拭き取りをしっかりとする
  • 晴れの日の洗車は控える

キレイなマイクロクロスを使う

洗車するなら必須項目です。

なぜなら、他のウエスだと、傷がつくからです。

 

たとえば、ゾウキンのような硬いもので拭き取ると、ボディに傷がついてしまいます。

特に、黒は傷が目立ちやすいため、注意が必要です。

一回のこうしたミスでこれからキレイにする事ができないと、ショックです。どうせなら、みため的にキレイに見えた方が、黒は特に他の車に比べて、カッコよく見えますよ!他の車を「あっ!」と言わせましょう!

やっぱり車を乗るなら、キレイな状態の方が、乗っていて気持ちいいですよね?

こうした小さな道具で、車をキレイに乗り続けられるかさがつきます。

 

拭き取りをしっかりとする

拭き取りをしっかりとしましょう。

水痕が残るからです。

特に濃い色は注意が必要です。しつこくなりますが、黒はかなり繊細です。

洗車でしっかりと汚れをとってキレイにしても、拭き取りをしっかりしないだけで、今までの苦労が水の泡になります。

大袈裟かもですが、洗車の命は、拭き取りといってもいいくらい重要です。

なので、拭き取りをしっかりとしましょう。

 

晴れの日の洗車は控える

晴れの日の洗車は控えましょう。

あっという間に、水が蒸発してしまうからです。 

洗車日和が晴れの日というのは捨ててください!

これ重要です。

洗車を極めている人にとっては、もはや常識レベルです。

夏の炎天下の作業は最悪ですね・・・。洗ってすぐに水があっという間に蒸発します。黒のボディカラーは、痛い目に遭います・・・。

なので、できれば太陽の出ていない、曇りの日に実行するのが一番です。

 

とはいえ、洗車をするのがいつも晴れてているやるんだよ〜って不満もあるかとおみます。

そんなときは、車が太陽の光に当たらない場所で、作業するのがいいですよ!

たとえば、洗車場とかは、オススメの作業スペースです。

屋根付きの拭き取りスペースがある洗車場では、晴れの日の太陽の問題は解消されます。

太陽カンカンに照っているときは、屋根付きスペースに避難して拭き取りをするといいですよ!

水が乾かないから、水の跡がつく心配がなくなります。

せっかく洗車してキレイにしても、水跡が残ったら、苦労が台無しです・・。

 

コーティングしている車を洗車すると、終わった後にものすごくキレイに見えます。

あなたの体力と精神をすり減らした結果はかなり大きいでしょう。

間違いなくどの車よりも輝いて見えますよ!

1度のこと度やってみてはどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました