【逃げるのも一つの勇気】正社員は正直しんどい【自分を大切に】

Worried person image ビジネス

[voice icon=”https://masahikoblog.net/wp-content/uploads/2020/08/karou_businessman.png” name=”仕事を辞めたい派遣社員” type=”l big”]正社員ってホントにしんどいなぁ〜。責任の重さがハンパないし、かなり理不尽なこと要求されるよな〜。契約社員や派遣社員の人は、なんだかラクそうでイイよな〜。いっそ、正社員やめて、派遣とか契約社員で働こうかな〜。[/voice]

 

こうした悩みを少しでも解消します。

 

この記事では、

  • 正社員がしんどいなら辞めるべき
  • 正社員以外の道も悪くない
  • 逃げるのも一つの勇気

こういった内容で紹介していきます。

 

先日こんなツイートをしました。

 

僕は現在、無期雇用派遣で働いています。

過去には、正社員としての経験を3社しています。

結論、

正社員がしんどいなら辞めてしまおう

僕の経験から語れることがたくさんあるので、わりと参考になると思います。

 

逃げるのも一つの勇気|正社員は正直しんどい

結論、しんどいと思ったら辞めましょう。

なぜなら、どんなに頑張って働いても、どんどん自分を追い詰めるだけだからです。

 

きっと今のあなたは、こんな状態じゃありませんか?

  • 毎日残業でシンドイ
  • 上司の理不尽な指示に悩んでる
  • プレッシャーに押し潰れそう

ここでは、ほんの一部しか取り上げてません。

ほかにもいろんな状況になっているかもしれません。

 

なんとか自分を奮い立たせて、頑張っていると思います。

しかし、身体は正直です。

いずれ、体調を崩しかねません。

  

毎日残業でシンドイ

朝早く出社して、帰りは遅くなる。

給料は、残業をたくさんするから、ガッポリもらえます。

しかし、それ以上に、休息が欲しくてたまらないない状態だと思います。

 

もはや、残業する事が当たり前になっていて、残業しているという感覚さえもなくなっているかもしれません。

自分自身が、この思考に陥りました。

そのため、軽く精神病みました。

 

上司の理不尽な指示に悩んでる

「今日中にこれやっておいて」

「いや、ほかに今日中に済ませる仕事ありますけど・・・」

 

上司だから何も意見を言えずに、ただただ指示にしたがう。

何かしら気をつかって、声をかけてくれるとイイのですが・・・。

 

ひと声が有るか無いかで、精神的な余裕は違ってきますよね?

「少し休憩して休んできたら?」

こんな一言あるだけでも、すごくウレシいですよね?

 

プレッシャーに押し潰れそう

正社員という責任の有るポジションです。

少しのミスすら、大きな責任を背負うプレッシャー。

蓄積してくると、かなり心病みます・・・。

 

プレッシャーに打ち勝つ強い精神があれば、問題ありません。

しかし、僕が思うにそんな強い人は、ごく少数だと思います。

 

僕には到底耐えうるものじゃありません。

 

正社員以外の道も悪くない

ホントその通りです。

おかげで、いろんなプレッシャーから解放されました。

 

今は、正社員以外の働き方は無数に存在します。

 

正社員にこだわる必要は、無いんじゃないかと思います。

僕自身が、派遣社員で働いていても、十分生活できるレベルだからです。

 

苦しい思いをして、正社員という責任の思い立場から逃げてもいいんじゃないでしょうか?

 

不安があって踏み出せない

これは、紛れもない事実。

苦労して入った経験をしているからです。

それこそ、自分のプライドをかけて、掴み取ったものです。

 

正社員として、頑張って入社した会社を辞めるのは、勇気がいることだと思います。

今まで積み上げてきたものを、壊すことになるからです。

 

さらに、正社員以外の働き方をすることは、

  • 安定しない
  • 生活基準が下がる
  • 社会的地位

こうした問題が発生します。

 

しかし、よく考えてください。

自分がしんどい思いをして、この生活を続けたいと思いますか?

僕の場合、社会的地位など完全に捨てて、自分の働きやすい環境で働くことを選びました。

なぜなら、人生を少しでもストレスを減らして生きていきたいと思ったからです。

 

この選択は、人によって考え方が違うと思います。

少しでも考えるきっかけになれば幸いです。

 

逃げるのも一つの勇気

that you can take a break image

逃げることも勇気です。

逃げ続けた結果、成功を手にした人も存在するからです。

 

家入一真さんを知ってますか?

ロリポップというレンタルサーバーをサービスする会社を作った人です。

 

この家入一真さんの著書「こんな僕でも社長になれた」の中で登場する「山田かまち」という人の言葉で、

逃げる 逃げる 僕は逃げて飛び続ける

というものがあります。

 

つまり、

逃げた先でやりたいことを見つけ、それをトコトン突き詰めろ

と伝えたいのだと思います。

 

家入さんは、この山田かまちの言葉に影響されて、好きなインターネットの世界に没頭したんですね。

 

そして、トコトン突き詰めた先で、

成功

という素晴らしいものを手にしました。

 

逃げることが「負け」や「悪」ということは、ないということです。

勇気を持って、違う世界に飛び込んでみましょう。

きっと、その先で自分の好きな世界が見えてくるかもしれません。

 

さいごに、

ホントに辛いなら、やめてしまってイイと思います。

初めて仕事を辞める時は

「やめてしまってイイのだろうか?」

と深く考え込んでしまいました。

 

今振り返ると、あのまましんどい中仕事をしていたら、潰れてしまっていたと思います。

しんどい思いをして、仕事を続けるのは辞めましょう。

あなたの身体を大事にするためにも、「逃げる」という選択肢は必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました