20代実家暮らし向け|3年で契約社員から正社員になるには【製造現場で実証】

派遣社員

求人情報(努力しだいで正社員採用有り

「ここで正社員になれる!」

「この工場は、大企業Y株式会社だから将来安定して働ける!」

そう思って大企業YのN工場に契約社員として入社しました。

3年の努力の結果、中途採用試験に合格し正社員になった過去を持ちます。

しかし、コレまでの道のりは決して甘いものではありません。

結論、契約社員から正社員になるには自分の仕事への取り組み方しだいです。

自分が3年という期間で契約社員から正社員になれたのは、以下の3つのことを意識して取り組んできたからです。

  • 「正社員になりたい!」を言葉で伝える
  • 正社員と契約社員との立場の壁をやぶる
  • 受けた課題はすすんで取り組む

この内容をより具体的に解説していきます。

3年の努力で契約社員から正社員になれる

結論自分が働いていた会社では、所属している課長からの推薦がないと中途採用試験は受けることができませんでした。

会社の組織構造によっては、承認する役職の人間は変わると思います。

自分の経験から、ここでは課長からの推薦をもらうまでの内容を具体的に解説していきます。

「正社員になりたい!」を言葉で伝える

入社したから「自分は正社員になりたい!」と、とにかく職場の人に話していました。

その理由はとてもシンプルで、本気で正社員になりたいと思っていたからです。

その結果、周りから見る目が変わります。

自分の場合は、ある1人の社員の人にやる気を買われ、徹底的に教育を受けることができました。

自分から発信することで、本気で教育してくれる人を見つけられるきっかけにもなります。

 

具体的にほかの契約社員と違うと実感したことは、

  • 教育の仕方が他の契約社員と違う
  • トラブル対応の処置の方法を教えてくれる
  • 教育スピードが早い

 

たとえば、トラブルが起きたとします。

その時ほかの契約社員の人は別の作業をするように指示されます。

しかし自分の場合は、具体的な対処方法を教えてくれました。

 

さらに今後、仕事をしていく上でよりレベルの高い教育を受けることができます

具体的に自分が経験した仕事は以下の2つです。

  • 契約社員では実施しない定常作業
  • 高度なトラブル対応の仕方

こうした、仕事は他の契約社員には与えられていませんでした。

つまり、自分から正社員になることを伝えることで、自分で考えて仕事をするチャンスが増えていきます

正社員と契約社員との立場の壁をやぶる

型破りになります。

なぜなら、契約社員としての業務作業の範囲を超えていたからです。

では具体的に自分がしていたことは、

  • 従業員への適切な指示(正社員にも)
  • トラブル対応時の上司への報告
  • 取引先との具体的なやり取り
  • 他職場との作業のやり取り

上記4点をやってきました。

今振り返ると、常識破りなことをしてきたと思います。

とてもじゃないけど、今の自分にはできません。

しかしこうした業務ができたのは、職場の人が自分の実績を認めていたからこそできたことです。

つまり、日々の業務や取り組んでいる姿勢などで、周りからの信用をいかに獲得するかがキモです。

 

こうした行動をとることは、なかなかムズカシイことだと思います。

まだ実績の積んでいない場合は、上司や先輩の指示をもらってから行動した方がいいですね。

少しずつ段階を踏んで取り組んでいきましょう。

受けた課題はすすんで取り組む

むずかしい課題も積極的に取り組むようにしましょう。

なぜなら、周りからの評価が上がり、より正社員への道に近づくからです。

周りからの評価が上がれば、課長の耳へと届くので効果はバツグンです。

具体的に経験してきたことは、

  • 改善提案のプレゼン資料の作成と発表
  • 資材管理と棚卸しのための準備
  • 他工場から自工場へ搬送する機械のメンテナンス業務(他工場へ出張)

こうした業務を任されるまでには、ある程度の実績を積まなければむずかしいと思います。

まず、基本的な業務をこなせるように日頃の取り組みで実績と信用を作っていきましょう。

まとめ

契約社員から正社員になるのは、カンタンではありません。

自分が高い目標をもっている人には、努力を継続し上にのぼりつめることができます。

正社員になるために段階的に取り組むには、

  1. とにかくアピール
  2. 常識をやぶる
  3. 高いレベルの業務を任される

以上のことを少しずつステップアップしていけば、確実に正社員になるための道はひらけていきます。

正直厳しい世界です。

しかし、あなたの努力はまちがいなく周囲の人が気づいてくれてます。