子供のおもちゃの悩みを解消するたった1つの方法【結論レンタルおもちゃ】

おもちゃ

カヤマサです。

こどものおもちゃでこんな悩みを抱えていませんか?

  • 良いおもちゃを与えたいけど、高くて手が出しづらい・・・
  • 遊ばなくなったおもちゃを管理するのがメンドウ
  • 買ったけど長く遊んでくれるか心配・・・

こうした問題を解決します。

 

現在3人のこどもたちを育てる会社員パパです。

こども達の教育のために、おもちゃは無くてはならない存在だと考えています。

いろんな教材を購入して試したものの、じぶんたちの納得するモノはほとんどありませんでした。

これまでの経験から、じぶん達が一番納得しておもちゃをこどもに与える方法は、これが一番だと感じました。

 

結論、

レンタルを利用する

それでは具体的に解説していきます。

 

 

我が家はレンタルを利用したことでおもちゃに対するストレスが激減しました。

レンタルを利用するまで、おもちゃを購入することに抵抗があり、家でおもちゃを遊ばせる機会がほとんどありませんでした。

こどもが増えるにつれ、おもちゃを揃えるとかなりの費用が掛かるので、こうした理由からおもちゃの購入を控えていました。

しかしおもちゃをこどもたちに与えないことで、親としての罪悪感を感じるようになり、なんとかならないかと見つけたのがレンタルおもちゃです。

現在我が家が利用しているレンタルおもちゃに関して詳しく解説している記事があります。

興味のある人はぜひ読んでください。

my-toybox-plan-menu-all-in-april-second

おもちゃは購入からレンタルへ。TOYBOXを選んだ理由と評価【利用レビュー】

おもちゃはレンタルを利用しましょう

結構軽いノリで使用することができます。

購入するよりメンタル的ダメージや経済的ダメージは小さいです。

例えば、DVDを借りる時ってたまに観たいけど購入するほどでもないよね~みたいな気持ちだと思います。

面白くなければそれまでだし、損した気分はそこまで大きくないはずです。

それとおなじ感じで、長く使うことないけど、短い間なら使ってみたいよね!

こども達に興味がなかったら返せばいいし、もしかしたら気が向いてそのうち遊んでくれる時がくるかもね~。

そんな感じです。

こどものおもちゃに対する興味は、おとなが思っている以上に短いです。

ごくまれにものすごく夢中になって長く遊んでくれるモノもあります。

でもそんな数打ちゃ当たる的な感じですと、買ってはハズレくじを引いてばかりでは、お金だけがドンドン無くなっていくばかりです。

こうしたいろいろな問題をレンタルでは解消してくれます。

こんな家庭は利用するべきではない!おもちゃのレンタル

レンタルを利用して変化したこと

大きく以下の点で変化します。

  • おもちゃが減る
  • お陰で家の中がスッキリ
  • 経済的な負担軽減
  • こどもの成長をサポートしてくれる

おもちゃが減って家の中スッキリ!

レンタルの醍醐味ですよね!

ミニマリストである我が家にとってすごく助かります。

ミニマリストとは、モノをたくさん持たずに生活する人のことです。

購入すると、こうした課題をクリアするのは難しくなってくるでしょう。

経済的な負担軽減

経済的にも大きな効果をもたらします。

定額レンタルの場合ですと、相場で月額が4,000円で利用できます。

その金額で倍以上、金額のおもちゃで遊ぶことが可能です。

実際に利用してみて金額的に購入とレンタルで差があるのか紹介します。

購入した場合レンタル差額
17,133円3,280円13,853円
届いたおもちゃの総額-月額定額費用=差額

 

ここでも身近なDVDレンタルを例にしますが、

一般的にDVDを1本購入すると大体5000円程度になります

もし、これを200円でレンタルしたら、25本のDVDを観ることができますよね?

これってかなりのジャンルを観れるし、シリーズものだと全巻観ることだって可能です。

こうしたことを考えると、数多くのおもちゃに触れることで教養の選択肢が増えることになります。

さらにこども達の好奇心の幅も広がるため、いろんなことにチャレンジが可能です。

 

レンタルおもちゃをしているサービスの中には、専属のプロが月齢に合わせたおもちゃを用意してくれるところもあります。

個人でおもちゃを選択するよりも、こども達に合わせた効果のより高いおもちゃを用意してくれるため、こども達に与える効果はさらに大きいモノになります。

そのため、おもちゃの効果によって親の教育の負担が軽減したのは事実です。

 

例えば我が家の場合ですと、2歳の次男が鉛筆の正しい持ち方をおもちゃを通して習得しました。

もしおもちゃを利用していなければ、じぶん達が一生懸命に教える必要があったでしょう。

さらに無理やり教え込もうとして、次男のやる気を失くしてしまったかもしれません。

このような事例で、おもちゃによるこども達への効果は想像以上に大きいモノです。

レンタルから学べる大事なモノとは

みんなで大切に使いましょう。

こうしたモノに対する思いやりを育てるきっかけづくりになります。

 

あなたもこんな経験したことありませんか?

例えばレンタルカーを使用する時、事故を起こさないように、キズをつけないように、そんなことを考えて運転しませんか?

事故やキズをつけてしまうと、弁償しなくてはいけない。

そうなると借りた以上にお金がかかってしまう・・・。

こうした不安がよぎりますよね?

 

じぶんのクルマであった場合、多少のキズや仮に事故を起こしてしまっても自分のクルマだしまぁいいか~とあっさりと考えませんか?

「保険もあるし何とかなるでしょう」って軽くとらえがちです。

(といってもクルマにキズが付いたらショックは大きいですが・・・)

 

これと同じようにおもちゃを壊したり、失くしてしまったら、弁償しなければならない場合も発生します。

そのため、こうした問題が起きないように、おとながこどもにモノを大切に扱うことを教える場になります。

では、こどもがおもちゃを大切に使って遊んでいるか確認するにはどうしますか?

こどもが壊したり、失くしたりしないか見守りますよね?

つまり、こうした場を作り出すことによって、こどもとのコミュニケーションを増やすことができます。

今までこどもたちとのコミュニケーション不足だった我が家では、レンタルおもちゃを利用したことによってこどもたちとの接触時間が増えました。

さらに、こどもたちの小さな変化にも気づくようになり、いろんなところでメリットがあります。

まとめ

おもちゃをレンタルで済ませたい家庭は我が家のようなタイプですね。

  • 賃貸で部屋がせまい
  • ミニマリスト(モノを多く持たない生活スタイル)
  • ラクしておもちゃ教育したい

こういうタイプの家庭は、レンタルおもちゃを使うと便利に感じます。

新しいおもちゃの取り入れ方として参考にしてみてはどうでしょうか?