【あなたを魅力的に見せる】ポートフォリオとは転職するときに見せる作品

転職

[voice icon=”https://masahikoblog.net/wp-content/uploads/2020/08/business_man2_4_think.png” name=”転職をする人” type=”l big”]転職のときに出てくる、ポートフォリオって何のこと?

何か自分をアピールするものだとは思うけど、何を見せるの?

とにかく、よく分からないから教えて欲しい![/voice]

 

こういった疑問にお答えします。

 

この記事では、

ポートフォリオとは転職するときに見せる作品【魅力的にする方法】

こういった内容で紹介します。

 

クリエイター関係の仕事に転職するときに、必要になることです。

ポートフォリオがあると、転職するときに、あなたのスキルレベルを証明することができます。

ポートフォリオがどういったものなのか、この記事でまとめています。

 

【あなたを魅力的に見せる】ポートフォリオとは転職するときに見せる作品

ポートフォリオとは、転職活動のときに見てもらう、あなたの作品集です。

つまり、あなたのクリエイターとしての第一印象を、決めるものになります。

 

ポートフォリオは、職務経歴書と同じように、重要です。

面接や書類から判断できない、作品を通してあなたのスキルレベルを、確認しています。

 

どんなときに必要なのか

クリエイティブ系の仕事に転職するときに、必要です。

書類や口頭の説明だけでは伝えられないことを、証明するためです。

 

たとえば、デザイン系の仕事に転職したいときは、あなたがどのくらいデザインできるのか、というのを作品を見て判断されます。

ほかの職種では、面接や書類で判断して人事の採用を決めれば問題ありません。

しかし、作品を生み出す職種は、あなたの魅力を口頭で説明することは、難しいです。

なので、クリエイティブ系の仕事は、作品集が必要になります。

 

どうやって準備するのか

作ったものを現物のまま、採用担当者に見せましょう。

作品によって、準備の仕方を変えるといいので紹介します。

  • ポストカードや雑誌程度の大きさは現物で準備
  • 大きめのポスターや動画はデータとして準備

運ぶときに困る大きさであれば、データとして残しておくといいでしょう。

最近は、便利なツールが用意されています。

  • Portfoliobox
  • Strikingly
  • クリエイターズバンク

などなど。

こうしたサービスを使って、上手にポートフォリオを作って保存しましょう!

クラウド上で共有できれば、企業の面接のときに役に立つと思います。

 

ポートフォリオを作る上で大切なこと

ポートフォリオをただ作るだけでは、魅力のあるものは作ることができません。

ここでは、どんなことを意識してポートフォリオを作ればいいのか、解説します。

 

ポートフォリオ作りに必要なポイント2つ

魅力あるポートフォリオを作るために必要なポイントを紹介します。

  • 採用担当者に会いたいと思わせる
  • ユーザー視点であること

このポイントを抑えながら作品を作ると、転職のときに有利になり、転職成功につながりますよ!

くわしく解説します。

採用担当者に会いたいと思わせる

採用者に会いたいと思わせる内容で、あることです。

内定をもらえる可能性が、高くなるからです。

 

具体的に、どんな内容が会いたいと思わせたい内容なのか、紹介すると、

  • どんな内容で作ってきたのか
  • 仕事の内容
  • スキルレベル

すべてがそろっていると、面接担当者に会いたいと思われる作品になります。

作品を作る目的や、手段、考察がしっかりとしていると、

「一緒に仕事がしたい」

と、思われやすくなります。

こうしたポイントを抑えることで、作品の魅力が採用担当者に、自然と伝わりやすくなります

なので、会いたいと思わせるのが、ポイントです。

 

ユーザー視点であること

採用担当者が、重要視しているところです。

ユーザーが満足する内容が、重要だからです。

 

どういった人に満足して使ってもらいたいのか、考えた作品を作る必要があります。

具体的に、どんな内容がいいのかわからないと思います。

ユーザーにとって、必要な情報を手に入れることができて、不便がなく使いやすいこと

これが、作品を作るのに必要なことです。

 

なので、ココを意識するだけで、ユーザー視点の作品になります。

 

作っている自分が楽しんでいること

一番重要ですね!

作品は楽しんで作ってこそ、やりがいを感じます。

そして、こうした気持ちは作品にも表れます。

今の自分には、こんなことができるんです!一緒に仕事をしていきませんか?

ポートフォリオに、正解はありません。

どんな形であなたの作品に魅力を感じるのかは、人それぞれです。

なので、転職のときのポイントを押さえながら、楽しみながらポートフォリオを作りましょう!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました