【安心してください】無資格も転職できる【無資格の仕事は多い】

転職

[voice icon=”https://masahikoblog.net/wp-content/uploads/2020/08/business_man2_4_think.png” name=”資格のない人” type=”l big”]無資格だけど、転職できるところってあるのかな?[/voice]

こんな不安を解消します。

 

この記事では、

無資格も転職できる【無資格の仕事は多い】

こういった内容で紹介します。

 

僕は過去に5回の転職をしてきました。

資格をもっていませんが、転職はできました。

こんな僕でも、転職ができたので、記事にしてまとめてみました。

 

無資格も転職できる【無資格の仕事は多い】

無資格でできる仕事は、意外と多いです。

逆に、資格が必要な仕事は、

  • 医者
  • 弁護士
  • 建築士

などです。

取るのが難しい資格がほとんどかと。

 

もし、資格を必要とする場合は、企業側が「この資格が必要」と教えてくれます。

そういった場合の資格には、

  • 普通自動車免許
  • TOEIC700点以上
  • 日商簿記2級

など、当てはまります。

 

そして、資格がなくても転職できる根拠は、資格を持つことより、

「あなたには何ができるのか?」

という、スキルが重要です。

 

資格がなくてもあなたのアピール次第では、資格を持っている人に比べて、優位に立てることも可能です。

なので、資格がなくても、自信を持って自分をアピールしましょう!

 

資格がないことで不利にならないか

働く業種によります。

なぜなら、資格より、あなたは何ができるのかをみているからです。

 

とはいえ、資格を持っていないと不安になりますよね?

  • 自分を必要とする企業があるのかどうか
  • 資格で選べる仕事が限られるんじゃないか

こうした、悩みが出てくると思います。

 

結論、資格を持っていても、仕事が見つからない人は少なからずいます

資格があることは強みです。

しかし、その資格を使いこなせるたり、どうやって会社に貢献しようか考える方が、大事だと思います。

なので、証明だけの資格なら、なくても問題ありません。

つまり、今のあなたが、最大限の力で、何ができるのかが大事です!

 

企業が求めているものは実務経験とスキル

my-skill-picture

資格をたくさん持っていても、使えなければ意味がありません。

なぜなら、資格はあくまで証明でしかないからです。

たとえば、

  • 建物建築取引士
  • ファイナンシャルプランニング

など、企業によっては、持っていても使えない資格があります。

どんなにたくさん資格を持っていることで、

あなたはその資格で何ができるのか?

ということを、企業側が求めています。

なので、どんなに資格を持っていても、仕事で使えなければ、ほとんど意味がないということです。

とはいえ、資格があった方が、転職には有利なのは変わりありません。

あなたが将来どんなキャリアを歩むのかで、資格が必要なのかどうか考えましょう。

 

企業側はどんな人を求めているのか

資格がない人にとっては、

「それじゃあ企業はどんな人を必要としているのか」

と、考えると思います。

 

そこで、企業側は資格以外でどんなところを見ているのか、確認してみました。

  • 転職してからの熱意
  • 今までの職務経歴
  • 将来の具体的なビジョン

こんな感じです。

採用担当者の採用基準は、資格を持っていることよりも、仕事への熱意を大事だと考えています。

たとえば、あなたが立派な資格を持っていなくても、

  • 今、○○の資格を取る為に勉強している
  • 資格が無くても○○を経験していて実績がある

こんな感じのことを採用担当者はみています。

なので、今のあなたができることを、ありのままにアピールすればOKです。

 

あると便利な資格

持っておくと便利な資格を紹介します。

ざっくりとこんな感じです。

  • TOEIC
  • 簿記検定
  • 普通自動車免許証

こんなかんじです。

普通自動車免許証なら誰でも簡単に取ることが可能なので、持っておくといいでしょう。

 

さいごに、

資格をもっていると、仕事をしていくには良いイメージを持ちます。

しかし、資格をもっていても、使いこなせてこそ意味があります。

なので、資格をないことに、悲観的にならずに、今のあなたを思う存分アピールしましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました