転職で失敗する典型的なパターン6つ【当てはまるとヤバイ】

転職

転職を失敗した人
転職したけど、なんか失敗したな〜。

もうこれ以上、失敗を続けていくのはもう嫌だ!

どうすれば失敗したと後悔しないような転職ができるんだろう?

 

こうした悩みを解消します。

 

この記事では、

  • 転職で失敗する典型的なパターン6つ【当てはまるとヤバイ】
  • 失敗しない転職方法とは3つ解説

こういった内容で紹介していきます。

 

僕は今まで5回の転職をしてきて、結論すべて失敗してきました。

どうして、何度も失敗を繰り返したのか疑問に思いました。

なので、自分の反省を含め、失敗するのはどうしてなのかまとめています。

 

転職で失敗する典型的なパターン6つ【当てはまるとヤバイ】

転職で失敗してしまったと感じてしまう人は、これから紹介する内容に当てはまっているそうです。

あなたもここに当てはまりませんか?

  • 現実逃避
  • 転職を決めてから、キャリアについて考える
  • 優先順位があいまい
  • 誇れるものが会社名
  • 希望がはっきりしていない
  • 転職先が決まる前に退職する

1つでも当てはまると、転職に失敗してきた、あるいは、失敗する可能性があるようです。

くわしく見てみましょう。

 

現実逃避

転職すれば、なんとかなると考えてませんか?

実際に転職しても、なんともなりません。

現実逃避しても、何も解決できないからです。

  • なぜ転職するのか?
  • 転職してどうなりたいのか?

具体的に転職してからのことを考えないと、確実に失敗します。

 

こんな転職をしたため、具体的な目的がなかった僕は、転職で失敗したと感じてしまいました。

自分軸を持っていなかったんですね・・・。

 

僕のような人が陥る原因としては、

内定をもらうことが目的化する

この考え方で転職をしてしまうと、転職したい本当の理由で、転職できなくなってしまいます。

 

たとえば、残業の少ない会社に転職したいと考えた時、残業の少ない企業に内定を貰わなければ、転職を失敗した事になります。

元々の目的である、「残業が少ない」という目的から、「内定をとる」に目的が変わってしまえば、「転職を失敗してしまった」となるのも頷けます。

 

なので、あなたが転職をする軸、つまり「目的」をしっかりと持って、その目的を達成したときに、初めて転職が成功したといえます。

僕自身振り返ると、内定をもらうことで、妥協していた自分がいたのを思い出します。

 

転職を決めてから、キャリアについて考える

転職を決めてから、キャリアについて考えるのは遅いです。

なぜなら、冷静な判断で転職ができないからです。

転職を考えるタイミングは、その時にうまくいっていない時がほとんど

そんな時に転職をしてしまうと、内定をもらうことが目標になってしまいます。

 

こうした、問題を起こさないようにするために、日頃からあなたの将来のキャリアをしっかりと考える必要があります。

 

優先順位があいまい

あなたが転職するときには、必ず優先順位をつけましょう。

なぜなら、キャリアを決めるのに、どうしても諦める必要のものが出てくるからです。

 

たとえば、収入をアップさせたいと考えているのなら、今よりも仕事がたいへんになります。

もちろん、その逆もあります。

つまり、何を優先して、捨てるべきもの、または諦めるものを決めることです。

なので、優先順位があいまいになってしまうと、転職を失敗したと後悔してしまいます。

 

誇れるものが会社名

会社に依存してしまうと、転職に失敗します。

会社名以外に、あなたに誇れるものがないからです。

 

転職のときに重要視されるのが、

  • 今までどんな経験をしてきたのか
  • どんなスキルを身につけたのか

あなた自身がどのような人物なのかが重要になります。

つまり、あなたはどんなことをできる人なのかが、転職をするときに成功する秘訣です。

なので、どんなに有名な大企業であったとしても、あなたに誇れるものがなければ、転職に失敗してしまいます。

 

希望がはっきりしていない

希望をはっきりさせないと転職は失敗します。

なぜなら、転職エージェントに登録しても、まともに転職が多動をしてくれないからです。

 

転職エージェントに希望を持たずに登録してしますと、エージェントに良いように利用されます。

たとえば、たくさんの求人を用意されて、いかにもたくさんの企業からあなたを必要としていると錯覚させてしまうからです。

なので、相手に依存した転職をしてしまうと、自分希望の仕事につけない可能性があります。

 

転職先が決まる前に退職する

いちばんの転職を失敗する要因になります。

なぜなら、正しい判断で転職活動ができなくなるからです。

 

仕事を辞めてしまうと、収入が入ってきません。

そうなると、不安が生じて冷静な判断ができなくなります。

結果的に「とりあえず内定をもらえれば良いや」といった考え方になり、転職後に失敗したと後悔する事になります。

 

実際に会社を辞めてから転職活動をしていましたが、収入が入ってこない不安は日が経過するほど大きくなります。

経験しているとわかりますが、想像以上に不安が大きくなります。

なので、仕事を辞めてからの転職はホントに辞めるべきです。

 

失敗しない転職方法とは3つ解説

先ほど紹介した典型例を回避すれば、わりと失敗を回避できます。

先ほどを振り返りながら、どうすれば失敗しないのかを見ていきましょう。 

  • 転職をする目的を明確にする
  • 優先順位を考える
  • 経験してきて身につけたものを確認する

それでは詳しく見てみましょう。

 

転職をする目的を明確にする

転職をする目的を明確にしましょう。

なぜなら、失敗しないためです。

 

たとえば、どんなことを明確にする必要があるのか紹介します。

  • 収入をあげたい
  • 残業を減らしたい
  • やりがいのある仕事をしたい

こうした明確な目的を持つ事が、転職する時には重要です。

もし、転職を考えるようになったら、あなたが「なぜ、転職をするのか?」をしっかりと考えましょう!

 

優先順位を決める

優先順位をしっかりと決めましょう。

あなたの希望をすべて満たす企業がないからです。

 

たとえば、

  • 収入を上げる → 仕事がキツくなる
  • 残業を減らす → 収入が減る

必ずあなたの考えている事が、すべて満たされるわけではありません。

なので、あなたの中で、

  • 何が重要なのか?
  • どんな事なら妥協できるのか?

こうした自分軸をしっかり持つ事が大事になります。

 

経験してきて身につけたものを確認する

今までのキャリアをしっかりと振り返りましょう。

転職先でどういった人を必要としているのか、あなた自身も理解できるからです。

 

たとえば、

  • 生産性を上げるために、設備投資を行った
  • 効率アップのために、エクセルで簡単な仕組みを作った

どんなことでも構いません。

 

あなたが仕事で取り組んできた事が、どのようにして企業に貢献してきたのかをしっかりと考えましょう。

 

そうすれば、あなたのスキルを必要としている企業が必ず現れてきます。

 

さいごに、

転職でしっぱいしないためには、メンタルの安定が必須です。

転職するときは、殆どの場合が感情が大きく動いているときです。

感情に振り回されないように、自分自身を冷静にふりかえるようにしましょう!