転職するか迷ったときは3つの判断で決めよう【落ち着いて考えよう】

転職

転職するのに迷う人
転職しようか迷うな〜。

果たして今の自分が転職をしてもイイものなのか?

なんか転職をしてもイイものなのか、モヤモヤするな〜。

 

こうした疑問にお答えします。

 

この記事では、

  • 転職するか迷ったときは3つの判断で決めよう【落ち着いて考えよう】
  • 転職に迷う理由5つ

こういった内容で紹介します。

 

僕は過去に5回の転職を繰り返しています。

転職しようか迷ったときは、もちろんありました。

しかし、判断を誤ったために、満足のいく転職ができませんでした。

コレから転職をする時に、同じことを繰り返さないために、記事にまとめてみました。

 

転職するか迷ったときは3つの判断で決めよう【落ち着いて考えよう】

転職をしようか迷うのは、3つの判断基準があります。

まずは、この3つの判断基準を知っておきましょう。

なぜなら、転職への考え方次第で、転職したことを後悔するかもしれないからです。

僕は、判断基準を知らなかったが故に、転職後に後悔しています。

判断基準は、この3つです。

  • 自分自身が転職に向いているか
  • 転職して問題が解決できるか
  • 転職したら希望がかなうか

くわしく解説します。

 

自分自身が転職に向いているか

自分が転職に向いているか確認してみましょう。

なぜなら、転職したことで後悔するかもしれないからです。

 

あなたが、転職してもイイのかどうか確認してみましょう。

そのためには、

  • 今のスキルはどのくらいなのか
  • 自分が通用する企業はどこなのか
  • 今の自分に不足しているものは何なのか

こうしたことを分析する必要があります。

なので、あなたが転職に向いているかどうか、まずは自己分析をして判断してみましょう。

【やらなきゃ損】転職の時は自己分析が必要【可能性を広げる為】

 

転職して問題が解決できるか

転職して問題が解決されるか確認してみましょう。

なぜなら、転職しなくても問題が解決されることもあるからです。 

  • 労働環境
  • 仕事内容
  • 人間関係

こんな感じの問題があると思います。

もしかしたら、今の会社で解決できることがあるかもしれません。

 

まずは一人で悩まずに、上司や先輩、もしくは転職サイトのエージェントなどに相談してみるとイイかもしれません。

そうすると、転職するべきかどうか、客観的に判断できると思います。

 

転職したら希望がかなうか

転職したら、あなたの希望がかなうかどうか確認してみましょう。

なぜなら、転職した後の希望がはっきりしないと、後悔する原因になるからです。

 

「なんとなく転職する」とおおざっぱな考えで転職すると、失敗したと後悔する原因になります。

たとえば、

  • 給料がアップする
  • 残業が少なくなる
  • やりたい仕事ができる

こんな感じの理由があると、明確な希望があり、転職する目標となります。

なので、あなたの希望がかなうか、しっかりと考えてみましょう。

 

転職に迷う理由5つ

転職に迷う理由は5つあります。

ざっと、こんな感じです。

  • 転職に自信がない
  • 引き止めにあっている
  • ほかの企業で通用するか不安
  • 転職して環境が改善されるかどうか
  • リスクを考えすぎる

くわしく解説します。

 

転職に自信がない

転職に自信がないかもしれません。

なぜなら、転職をしてもイイのかわからないからです。

 

新卒採用のときに、内定をもらうのに苦労した経験をしていると、こんな感じになってしまいます。

  • 今のスキルで通用するのか
  • 内定をもらえないかもしれない
  • 自分を必要としている企業があるのか

同じような苦しい思いを、経験をしたいとは思いませんよね?

なので、こんな感じで自信がないことが、転職をしようか迷う原因になっているようです。

 

引き止めにあっている

今の会社から、引き止めにあってませんか?

「あなたが必要!」という、今の会社からの大きな期待に答えたいからです。

 

あなたの存在が、今の企業に必要です。

その会社の思いに答えようとしていませんか?

そのあなたの会社に対する気持ちが、転職を迷わせている原因のようです。

 

会社に期待されていることは、とても嬉しいことです。

しかし逆にこの思いが、転職の迷いを生み出しているのも、理由の1つです。

なので、引き止めにあっていると、転職しようか迷う原因になります。

 

ほかの企業で通用するか不安

ほかの企業で、今の自分が通用するか不安じゃありませんか?

なぜなら、転職後に苦労するかもしれないと、考えているからです。

 

今の会社で十分な結果や実力を持っていても、ほかの企業で通用するかどうかは、入社してみないとわかりません。

 

そして、今の会社でいろいろと実績を持っている人ほど、不安な思いが強くなると思います。

なぜなら、プライドを捨てることになるからです。

今まで、苦労して積み上げてきた実績が、ほかの企業でまったく通用しないかもしれません。

なので、こうした考えがあることで、転職しようか迷ってしまうようです。

転職で失敗する典型的なパターン6つ【当てはまるとヤバイ】

 

転職して環境が改善されるかどうか

転職先の企業で、今抱えている問題が解消されるかどうかわかりません。

なぜなら、転職してみないとわからないからです。

 

今の会社の環境に不満があると、次の企業で解消されるかどうかもわからず、不安になってしまいます。

そうした、労働環境の不安から、転職しようか迷ってしまうようです。

 

リスクを考えすぎる

リスクばかり考えていませんか?

行動できなくなる原因になるからです。

 

リスクをある程度考える必要があります。

しかし、リスクばかり考えすぎても、逆に行動することを制限してしまいます。

環境を変えると、少なからずリスクはつきものです。

こうした不安が、行動を制限しています。

 

なので、リスクを考えすぎることで、転職しようか迷ってしまうようですね。

 

 

転職しようか迷ってしまうのは、自分の人生をしっかりと見つめている証拠だと思います。

しかし、転職しなかったことで、後悔することも少なからずあります。

もし、少しでも転職をしようか考えているなら、準備だけでも進めてみてもイイかもしれません。

【これを読めば安心】転職活動で準備すること5つ【これでカンペキ】

その中で、いつか、転職をするかしないかという、はっきりとした答えが出てくると思います。

あなたの人生を後悔しないためにも、焦らずに慎重に転職について考えてみてはどうでしょうか?