【未経験も可能】20代後半の転職はまだまだ余裕がある【スキル必須】

転職

転職を考える人
転職しようと思うけど、20代後半だし、うまく転職でできるかな?

こんな疑問に答えします。

 

この記事では、

【未経験も可能】20代後半の転職はまだまだ余裕がある

こういった内容で紹介します。

 

僕は20代後半ではじめて転職をしました。

結論、20代後半の転職は、まだ未経験でも採用されやすいと感じました。

僕の経験を元に、20代後半で転職を考えている人は参考にしてみてください。

 

【未経験も可能】20代後半の転職はまだまだ余裕がある

結論、20代後半の転職はまだまだ、未経験でも採用してもらえる傾向にあります。

なぜなら、成長する為に、若い人の力が必要だと考えている企業が多いからです。

 

内定をもらった企業は、その日のうちに内定をもらえる傾向にありました。

いくつか企業面接までやってきましたが、じぶんの判断で内定が決まる事がほとんどでした。

中でも、ほとんど未経験の職種でも、入社するかどうかの返事を待ってますとの回答がほとんどで、そこまでスキルがなくても、やる気を前面に押せば、採用担当者にイイ印象を与えられます。

とはいえ、スキルを持っていれば、採用の可能性が高くなるし、転職先の選択肢の幅も広がります。

さらに、収入アップもできるので、スキルを持っていた方が何かとメリットが多いと思います。

 

そこで、持っていれば、役に立つであろうスキルを紹介します。

 

パソコンスキル

持っていて損はありません。

今では、どの企業でもパソコンを使った業務がほとんどです。

なくても困らない仕事は存在します。

しかし、仮にパソコンを使わない企業に入社したとしても、パソコンスキルを持っているだけで、会社内で優位な立場になれます。

今後、パソコンスキルを持っていて損する事はないので、持っておくのがいいでしょう。

ワードとエクセルの2つほど使えれば十分です。

 

プログラミングスキル

今後は必須になります。

スキルとして持っていて、便利だからです。

 

僕が20代後半だった頃は、プログラミングに関しては、まだまだ世間が大きく話題になっていませんでした。

しかし、今後の社会では、間違いなくプログラミングは必須になります。

2020年からは小学生の教育プランに、プログラミングが必須になっています。

なので、これからの時代は、プログラミングスキルを持っていて、役に立たない事がないというのがわかると思います。

 

独学からでも始められるので、興味があればスキルの1つとして考えてみてはどうでしょうか。

 

簿記検定

簿記は仕事に関係なく、持っていて損はないと思います。

なぜなら、今後の家計管理にも有効に使う事ができるからです。

簿記は持っておいた方が、よかったです。資格として取れるので、持っているだけで、かなりの武器になります。お金の管理をしっかりできるので、早いうちから習得しておくのがお得です。

僕の経験上、大手企業では昇給時に必須になるほどの資格になります。

お金の動きを管理する為には必要なスキルです。

企業の採用でも、簿記検定の資格を持っているだけでも、魅力的に写ります。

勉強しておけば、誰でもカンタンに取れる資格なので、ぜひ検討してみてはどうでしょうか?

 

20代後半の転職は、これを最後と思って慎重にすることをお勧めします。

これも、30代になると転職するハードルが上がるからです。

なので、20代後半で転職するなら、これからの人生を大きく変えると思って、しっかりと準備をして進めていきましょう。