【間に合わないとヤバイ】転職するときは、健康診断を受けよう【スグ終わる】

転職

履歴書で悩む人
転職するときに、健康診断の結果が必要なんだけど、どうしよう・・・。

健康診断が必要な理由ってなんだろう?

健康診断のときに、どのくらいの費用がかかるんだろう・・・?

 

こんな疑問にお答えします。

 

この記事では、

  • 【間に合わないとヤバイ】転職するときは、健康診断を受けよう
  • 健康診断にかかる費用
  • 健康診断で受ける必要のある内容

こういった内容で紹介します。

 

僕は過去に5回の転職をしてきました。

入社のタイミングまでに、健康診断の結果を求められる企業がありました。

なので、ここで自分の経験を振り返りながら、記事にまとめてみようと思います。

 

【間に合わないとヤバイ】転職するときは、健康診断を受けよう

転職するときは、健康診断を受けましょう。

なぜなら、内定先の企業があなたの健康状態を知るためです。

 

転職をするときには、しっかりと健康状態を企業側が把握する必要があります。

受けるタイミングは、企業から内定をもらい、健康診断の結果が必要なときで問題ないです。

なので、健康診断の結果が必要なときは、しっかりと受けましょう。

 

入社までに間に合わなかったらどうすればいいのか

入社する企業へ、前もって間に合わないことを伝えましょう。

必要なときに「間に合わなかった!」と伝えては、遅いからです。

もし、診断結果の提出が遅れそうなら、しっかりと伝えておきましょう。

そのときに、

  • なぜ、遅れるのか
  • いつまでに用意できるのか

を一緒に伝えておくとイイですね。

 

とはいえ、余裕をもって健康診断を受ければ、この問題は解消されます。

転職活動を始めたタイミングで、健康診断を受ける予定を考えておきましょう!

心の余裕が、転職活動を、ゆとりあるものになりますよ!

ちなみに、健康診断結果は、受けてからだいたい2週間後くらいにもらえます。

しかし、混雑しているシーズンだと、1ヶ月くらいかかってしまうこともあるかもです。

なので、余裕をもって、健康診断の準備を進めておくとイイですね!

 

今の会社で受けた健康診断の結果は使えないのか

結論、その結果を使っても問題ありません。

企業が、健康状態を判断できるからです。

 

しかし、この時に注意するべき点は、健康診断を受けた時期です。

半年以上前の結果であれば、診断を受けましょう。

 

具体的には、3ヶ月以内、もしくは長くて半年以内の、診断結果を求める企業がほとんどです。

もし、あなたが今の会社で健康診断を受けたのなら、受けた期間を確認してみるといいでしょう。

そのときに、3ヶ月以内であれば、今の会社の結果を使うことができます。

 

病院ならどこでも受けられるのか

専門病院以外なら、どこでも受けられますよ!

具体的に、受けられない病院には、

  • 眼科
  • 小児科
  • 耳鼻科

などがあります。

 

逆に健康診断が受けられる、医療機関は、

  • 総合病院
  • 保健所

などです。

 

とはいえ、何がどう違うのか分からなくて、実際どこで受ければいいのか不安だと思います。

なので、「健康診断 病院」で検索すると、近くで受けられるところが見つかると思います。

 

良いところが見つかったら、予約も一緒にしておきましょう。

「いっぱいで受けられない」

なんてことが起きないように、前もって準備しておきましょう!

 

健康診断にかかる費用

money-drawn2-image

かかる費用は、5千円〜1万円です。

健康診断の内容が、どの企業も決まっているからです。

 

僕の経験上、1万円以内でおさまります。

受ける病院によっては、高いところがあります。

しかし、相場としては、だいたい5千〜1万円という感じです。

 

疑問点:診断料は実費なの?

基本的には実費です。

しかし、企業によっては、返金や支給があります

そのときは、健康診断を受けた場所で、領収書をもらいましょう!

 

健康診断で受ける必要のある内容

checklist image

今まで会社で、健康診断を受けたことのある人は、そのときに受ける内容と一緒です。

とはいえ、どんなことを受けたのか覚えていないと思います。

なので、ざっくりとまとめてみました。

  • 既往歴
  • 身長・体重・視力・聴力・胸囲
  • 自覚症状や他覚症状があるかどうか
  • 胸部X線検査
  • 血液検査
  • 血圧
  • 肝機能検査
  • 尿検査
  • 心電図
  • 血中脂質検査
  • 血糖検査

こんな感じです。

 

たとえば、35歳になると受けるバリウム検査も、その年であれば、必ず受ける必要がありまね。

そういったときは、検査項目が増えます。

同じく心電図も、年齢によっては受ける必要のある項目になります。

 

診断にどれだけ時間がかかるのか

早ければ1時間くらいで終わります。

混んでいる時期なら、もう少し時間がかかるかもしれません。

なので、混雑を避けたいなら、時期をずらしてみるのをオススメします。

具体的には、2〜4月の間は、新卒者の健康診断で混みます。

やむを得ず、この時期にしか受けられないようなら、予約するときに、混雑状況を確認してみるといいでしょう

 

健康診断の結果の提出も、転職のときには必要な書類の一つです。

以外と忘れがちになるので、転職するときには、頭の片隅に入れておくと良いかもしれません。