転職するときは複数応募するべき【注意点あり】

転職

[voice icon=”https://masahikoblog.net/wp-content/uploads/2020/08/business_man2_4_think.png” name=”転職を考える人” type=”l big”]転職するときは、いくつか企業に応募した方がいいのかな?

たくさん応募したことで、企業からいくつか応募していることを言われたら、どうやって答えればいいのかな?

複数に応募したときの、計画の立て方とかってどうすればいいの?[/voice]

こんな疑問に答えます。

この記事では、

  • 転職するときは複数応募するべき
  • 複数応募するときの注意点
  • 複数応募したときの計画の立て方

こういった内容で紹介します。

 

僕は過去に5回の転職をしています。

結論、転職を進めるなら、複数応募はするべきです。

複数応募したほうがいい理由は、後ほど解説します。

 

転職するときは複数応募するべき

複数に応募するべきです。

多くの企業に募集した方が、内定をもらえる可能性が、高くなるからです。

 

たとえば、在職しながら転職活動する人は、一つの企業に絞って進めて行っても問題ないです。

とりあえず転職を始めようと考えているのなら、大きな焦りもないですし、あなたの確実にやりたい仕事に絞って企業を選ぶのがいいでしょう。

 

一方で、仕事を辞めてから転職活動を始めている場合は、たくさん応募した方がいいですね。

一つの企業を受けて、結果を待ってから次の企業を選ぶというやり方だと、効率が悪く収入がなくなるという問題が発生します。

とはいえ、ただ闇雲にたくさんの企業を選べばいいわけではありません

いくつか応募するときは、ある程度条件を絞りつつ決めていくのがいいですよ!

 

複数応募するときの注意点2つ

複数応募するときに注意する点はこちら。

  • 闇雲に応募しない
  • 綿密に計画を立てる

 

闇雲に応募しない

しっかりとした目的を持って、応募しましょう。

なぜなら、あなたがホントにやりたい仕事に就けなくなるかもしれないからです。

こうした考えで、闇雲に応募するのは危険です。

  • 未経験OKだから
  • 今より収入が良いから
  • とりあえず興味があるから

などなど。

 

考え方としては、間違いではありません。

しかし、選んだ理由としてたいせつなのは、なぜその条件で応募するのかです。

  • 自己分析をした結果
  • 業界研究をして自分に合っている
  • 独自で何か情報収集している

こうした条件があって、ようやくしっかりとした理由が成り立ちます。

なので、とりあえず闇雲に転職先を探して応募することは、失敗したり、後悔したりする原因になるので、辞めておきましょう。

 

綿密に計画を立てる

綿密に計画を立てましょう。

さきほど解説した、闇雲に応募しないにかかってきますが、転職するには準備するための、手順があります。

そのあたりのくわしい記事は、【簡単】転職を進めていくための手順【5ステップで解説】で紹介してますので、ご覧あれ。

 

複数応募したときの計画の立て方

計画はざっとこんな感じでOKです。

  • 企業に応募する
  • 書類提出日や面接日時を応募した企業ごとに確認する
  • その日時に合わせて、スケジュールを組み直す
  • 予定の変更が難しいのであれば、応募する企業の優先順位を見直しをしてみる
  • 日時が他の企業と重なってないか、再度確認する

大きな流れはこんな感じです。

とはいえ、なかなかうまくいかないことの方が多いと思います。

転職開始直後は、応募する数を少なくして、ある程度の自分の中でペースを掴めたら、応募する数を増やしていくといいでしょう。

はじめは、少しずつ感覚を掴むのが良いかと。

その間はトレーニング期間だと思って、気楽にスタートしてみるのが、複数応募をこなしていくコツだと思います。

 

数うちゃ当たる

まさにその通りです。

結局のところ、自分に合っている企業は、10社程度受けただけではわかりません。

たくさん応募することで、ホントに自分に相応しい企業が見つかりやすくなります。

なので、これから転職を考えている人は、一社だけしか受けないのは、もったいと感じたと思います。

いくつか候補がある中で、あなたに相応しい企業に入社して、新しい人生に花を咲かせましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました