【気持ちのゆとりが大切】転職先が決まらないときは焦らない【対策紹介】

転職

[voice icon=”https://masahikoblog.net/wp-content/uploads/2020/08/karou_businessman.png” name=”転職先が決まらない人” type=”l big”]転職先がなかなか決まらない・・・。

どうすれば、転職先が決まるんだろう・・・。

このまま仕事が決まらないのかな〜。[/voice]

こうした不安を解決します。

 

この記事では、

  • 【気持ちのゆとりが大切】転職先が決まらないときは焦らない
  • 決まらない理由は12個
  • なかなか決まらないときに見直す点5つ

こういった内容で紹介します。

 

僕は転職を5回経験しています。

転職先が見つからないと、内心ソワソワして焦ってしまう事がありました。

そこで、なかなか決まらないと悩んでいる、過去の自分に送る記事としてまとめてみました。

 

【気持ちのゆとりが大切】転職先が決まらないときは焦らない

転職が決まらないときは、焦らずに気持ちを落ち着かせましょう。

なぜなら、転職を失敗したと感じる可能性が、高くなるからです。

転職で失敗する典型的なパターン6つ【当てはまるとヤバイ】

心の余裕がないときは、冷静な判断ができなくなります。あなたがホンキで希望している仕事かどうか、わからなくなります。

なので、転職が決まらないときは、気持ちを落ち着かせましょう!

 

とはいえ、そんな簡単に気持ちを落ち着かせることが、できないと思います。

そんなときに、役立つ方法を紹介します。

 

心のリハビリ方法

こんな方法を、試してはどうでしょうか?

  • 紙に書き出す
  • 誰かに伝える
  • キャリアカウンセリングを使う

と、こんなところです。

順に解説します。

 

紙に書き出す

紙に書き出しましょう。

今の気持ちを殴り書きで、前面に押し出します。

不満や焦りなど文字としてみると、意外とすぐに解決できることが見つかることがあります。気持ちの可視化は、自分を見つめ直すきっかけになります。

対策を見つける思いで、取り入れてみるとイイですね!

 

誰かに伝える

不安や悩みを、誰かに話しましょう。

話すことで、気持ちが整理した経験があると思います。

友人や家族など、身近な人に相談するだけで、気持ちが楽になるでしょう。

 

キャリアカウンセリングを使う

プロに相談しましょう。

友人や家族に比べて、相談しやすいかと。

自分の悩みや不安を、真剣にきいてもらうことで、冷静になり、前向きになると思います。

【これで解決!】転職の不安を取り除こう!【7つのポイント】

転職活動には、ポジティブマインドが大切です!

 

決まらない理由は12個

決まらない理由は、12個です。

それぞれタイミングごとに、大きく分けると、

  • 転職準備
  • 応募
  • 選考書類
  • 面接

と、こんな感じです。

それぞれ細かく、確認しましょう!

 

転職準備

準備がしっかりしていないと、この先でもつまずき、なかなか決まりません。

準備不足の原因として、

  • 自己分析できてない
  • 市場価値を理解していない
  • ネガティブ思考になっている

くわしく解説します。

 

自己分析できてない

あなたは何ができるのか、理解できないからです。

自己分析をしないと、あなたは自分自身で何ができるのかわかりません。

あなた自身を分析して、どうやって価値を与えるのか、しっかりと考える必要があります。

【やらなきゃ損】転職の時は自己分析が必要【可能性を広げる為】

 

市場価値を理解していない

客観的に、あなた自身を理解していないからです。

高い目標を持ってしまうと、あなたの思っている実力より、低いことも考えられます。

今までのキャリアを振り返り、今の実力が市場ではどの程度の価値なのか、改めて見直す必要があります。

 

ネガティブ思考になっている

通過率が、下がるからです。

何事もポジティブ思考が大切です。採用担当者も、前向きな人の方が印象よく見えます。

転職理由でほとんどの場合、ネガティブな原因だったりします。

ここで正直な気持ちを伝えずに、これからのビジョンを話して、前向きな考え方に思考を変換しましょう!

 

応募

応募するタイミングでも、決まらない原因があります。

  • 応募が少ない
  • 自分にあった企業に応募していない

くわしく解説します。

 

応募が少ない

応募が少なければ、決まる可能性も低くなります。

数あれば当たる

あなたの希望に合った企業が見つかり次第、応募するのがいいと思います。

最低でも20社は、応募しましょう。

 

自分にあった企業に応募していない

自分に合った企業でなければ、なかなか決まりません。

  • あなたのスキル不足
  • 企業側の求めるレベル

こうした理由があるからです。

自分に合った企業かどうかを判断するには、自己分析をしっかりしているかどうかで決まります。

なので、自分に合った企業に応募しましょう。

 

選考書類

書類参考のときに、決まらない理由は、

  • 自己PRが書けてない
  • 志望動機が不十分
  • 読みにくい&わかりにくい

くわしく解説しましょう。

 

自己PRが書けてない

今の仕事で身につけたスキルとかを、希望の仕事にマッチした内で書けてない可能性があります。

つまり、希望の企業についてしっかりと理解していないかもです。

この問題は、【やらなきゃ落ちる】転職するなら業界研究は必須【ポイント解説】をしっかりしていれば、解消されます。

転職活動には必要な内容になります。

 

志望動機が不十分

動機が不十分だと、決まりません。

採用担当者に、あなたの本気度が伝わらないからです。

希望の企業に転職する理由は何ですか?ホントに入社したいと考えているのであれば、志望動機がハッキリと伝えられるはずです。

なので、志望動機がハッキリしなければ、決まりません。

 

読みにくい&わかりにくい

採用担当者に、ストレスを与えないことが大事です。

こんな書類になってませんか?

  • 文章が読みにくい
  • 手書きの履歴書の字が汚い

この点を、手直しする必要があります。

【転職者必見!】履歴書は手書きじゃなくても良い【大事なのは内容】

なので、読む人のことを考えたら、読みやすく、わかりやすい書類にする必要があります。

 

面接

最終試練の面接も、決まらない原因があります。

多くの人が、一番気にしているところではないでしょうか?

  • 基本的なマナーができてない
  • 自信のなさが出ている
  • 面接の対策が不足している
  • 失敗した振り返りができてない

では、くわしく見てみましょう。

 

基本的なマナーができてない

できてないと、採用担当者にマイナスイメージを与えてしまいます。

知らなかったでは、通用しない世界です。

厳しいですが、現実そんな感じです。

すべてを完璧にする必要はありません。

しかし、最低限のマナーは守るようにしましょう!

 

自信のなさが出ている

採用担当者が、不安になってしまいます。

とはいえ、転職がなかなか決まらない中で、「自信をもて!」と言われても、難しいと思います。

精神論的になりますが、過去の小さな成功を思い出しましょう

必ずあなたにも自信につながる事があったはずです!その中で、大きく人生を変えた出来事もあったんじゃないでしょうか?今、起きていることだけを見つめ、自信を失わないことが大切です。

なので、自信がないと感じたら、自信をつけて挑みましょう!

 

面接の対策が不足している

準備不足です。

その場対策で、何とかなるレベルではありません

終わった後で、「もっと練習しておけばよかった」と、後悔することがほとんどです。

なので、面接対策が足りないと、ほぼ決まりません。

 

失敗した振り返りができてない

なぜ、落ちたのか振り返ってますか?

面接で落ちた理由を、しっかりと振替しましょう!

  • あの質問は、もっとこう答えればよかった
  • あの時の質問は、予想外だった、

こうした反省は、今後の企業の面接でも、生きてきます

こうした振り返りが出来てないと、同じ失敗をしてしまいます。

なので、反省をしないと、なかなか転職先が決まりません。

 

なかなか決まらないときに見直す点5つ

solution picture image

なかなか決まらない時にする対処法を紹介します。

  • メンタルケア
  • 第3者の意見をきく
  • 応募企業の枠を広げる
  • 決まらない理由を解消していく
  • 転職活動を振り返ってみる

くわしく解説します。

 

メンタルケア

なかなか決まらないと、メンタル崩壊すると思います。

そんな時は、メンタルケアするのが一番です。

 

家族、友人などに悩みや不安を伝えましょう!

それでも解消できなれば、専門のプロにカウンセリングしてもらうのも、オススメです!

転職活動は、マインドを常にポジティブにしておく必要があります。

前向きの気持ちがなければ、転職はどんどん決まらなくなります。

なので、とにかく第一にメンタルケアをしましょう!

 

第3者の意見をきく

他人の意見をきいてみましょう!

自己分析からだけでは、正しいあなたを判断できてないかもしれないからです。

 

プロの転職のカウンセリングなどに、しっかりと意見をきいてみることも大事です。

あなたの人物像が、客観的にみられることで、あなたの知らなかった才能が発見されることもあり得ます。

なので、第3者の意見をきいてみましょう。

 

応募企業の枠を広げる

妥協ポイントを決めることも大事です。

【後悔しない】転職で妥協するなら明確な基準を作る

選択幅が狭すぎて、決まらないこともあり得ます。

すべての企業に完璧な理想を求めるとほぼ決まりません。

なので、応募企業の枠を広げることも、考えましょう!

 

決まらない理由を解消していく

なぜ決まらないのか、振り返ります。

闇雲に転職先を決めてしまっては、何も武器を準備しないで、敵に挑むようなものです。

  • どうして、決まらなかったのか
  • 落ちた企業に共通したポイントはどこか

こうして決まらなかった理由を、潰していきましょう!

次の企業にしっかりと準備をして、挑むことができますよ!

なので、決まらない理由を、解消していきましょう!

 

転職活動を振り返ってみる

結果がダメだった時の内容を振り返ってますか?

失敗を振り返ることは、とても大事です。

  • 書類選考で落ちたポイント
  • 面接でダメだったと思う場面

決まらなかったタイミングごとに、必ずそこに原因があります。

しっかりと原因追求をして、「なぜ、ダメだったのか?」と、しっかりと振り返りましょう!

 

決まらなくても、焦る必要はありません。

あなたを必要とする企業は、必ず見つかります。

転職がうまくいかなくても大丈夫【あなたを欲しがる企業は必ずある】

決まらない原因と対策をしていけば、きっとあなたの理想の転職先に、めぐりあえると思います。

自信を持って、転職活動を進めていきましょう!

その先には、やりがいのある仕事が待っているはずですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました