やる事が多いから転職でやる気がでない【理由は11個】

転職

[voice icon=”https://masahikoblog.net/wp-content/uploads/2020/10/hyoujou_shinda_me_man.png” name=”転職にやる気がでない人” type=”l big”]転職活動やる気でないな〜。

やる気を起こすにはどうすればイイんだろう?[/voice]

 

こういった悩みを解消します。

 

この記事では、

  • やる事が多いから転職でやる気がでない
  • やる気が出ない理由11個

こういった内容で紹介します。

 

過去に5回の転職をしてきた僕が、やる気が出ない転職活動を、どう乗り切ればいいのかまとめてみました。

 

やる事が多いから転職でやる気がでない

転職でやる気が出ないのは、やる事が多いからです。

働きながら転職活動していれば、忙しい中色々準備するのは、大変です。

【失敗しない】働きながら転職活動する方法【時間の作り方が難しい】

休日を使って、準備を進めれば、効率的になります。

しかし、仕事で疲れてゆっくりと休憩したい気持ちの方が、大きいと思います。

 

やる気が出ない理由11個

理由はこちら。

  • やることが多い
  • 内定までに時間がかかる
  • 会社にバレずにやるのが大変
  • 頭をフル活用して疲れる
  • 内定が取れなくてメンタル崩壊
  • 面接の日程調整が大変
  • 想像以上にかかる費用
  • イイ条件の仕事につけるか不安
  • 何かしらの病気の可能性
  • 存在意義を感じない
  • 転職目的が高すぎる

くわしく解説します。

 

やることが多い

やる事が、多いからです。

ざっと、こんなにあります。

  • 仕事をさがす
  • 書類の用意
  • 企業に応募
  • 面接の日程調整
  • 業界研究&企業研究
  • 面接用PRの準備
  • 企業に訪問
  • 内定後の条件交渉
  • 入社時期の調整

大きく分けて、9つあります。

これだけの作業量をこなすと、働きながらでは、ハードモードです。

なので、やる事が多いと、やる気が出なくなります。

 

内定までに時間がかかる

内定までに、時間がかかるからです。

転職活動をはじめてから、だいたい3ヶ月くらいで、内定がもらえます。

短そうに感じますが、待っていると長く感じるものです。働きながら転職活動したら、休暇の余裕がなくて、やる気もなくなります。

プライベートの時間を削って、内定がもらえるまで、継続的に転職活動を続けるには、根気が必要です。

なので、内定までに時間がかかると、やる気がなくなります。

 

会社にバレずにやるのが大変

会社にバレずにやるのが、大変だからです。

転職活動しているのが、職場にバレると、いろいろとメンドーですよね?

職場に気を使いながら、転職活動することに疲れてしまい、やる気がなくなります。

なので、会社にバレずにやるのが大変で、やる気がなくなってしまいます。

 

頭をフル活用して疲れる

いろいろ考える必要が、あるからです。

転職活動で準備するなか、何度も頭を使って考えることが多くなります。

  • 職務経歴書でイイ印象を与える書き方
  • 面接のときに聞かれる質問をうまく返せるこたえ
  • 経歴紹介や実績をうまくアピールする方法
  • 企業へ質問する内容

少しでも、イイ印象を与えるためには、こういった内容を、頭を使って絞り出す必要があります。

書くことやしゃべることを得意としている人には、大きなエネルギーを使いません。

自分のような、両方をニガテとしている人には、かなりエネルギーを持ってかれます。

なので、頭をフルで使って疲れるから、やる気がでなくなります。

 

内定が取れなくてメンタル崩壊

応募しても内定がとれなくて、メンタルがやられるからです。

1回くらいは落ちても、平気です。

しかし、審査に落ち続けると、メンタル崩壊します。

  • 自分はどこにも必要とされてないのかも・・・
  • このまま転職先が見つからないかも・・・

こういった不安が、頭をよぎります。

一生懸命準備していどんだのに、何度も落ち続けると、心が痛みますよね?

なので、内定がとれなくメンタルが崩壊すると、やる気がでなくなります。

 

面接の日程調整が大変

面接の日程調整が、すごく大変だからです。

働きながら転職活動すると、スケジュールの調整するのが大変です。

中には仕事のないときに、面接を合わせてくれる企業もあります。

しかし、ぜんぶの企業がそうかと言われると、現実ムズカシイです・・・。

最近では、リモートでの面接が可能になり、企業にいく必要がなくなりました。

とはいえ、日程の調整をするのは、いずれにせよ、大変です。

なので、面接の日程調整に疲れて、やる気がでなくなります。

 

想像以上にかかる費用

転職活動中の費用が、予想していた以上に、お金がかかるからです。

「すぐ決まるだろう」と思ってはじめた転職活動が、想像以上に長引いて、お金がかかることがあります。

【失敗しない】転職時の貯金は最低10万円【意外とかかる】

こうして、お金をかけた割りに、内定が決まらないことで、やる気がなくなります。

 

イイ条件の仕事につけるか不安

イイ条件の仕事につけるか、不安になるからです。

人によって、転職する理由は、いろいろあります。

  • 給料
  • 休日
  • 仕事内容
  • 人間関係

などなど。

今より、イイ条件の企業が見つかるか不安になると、「このままでもイイかな・・・」と、考えてしまいます。

なので、イイ条件の仕事につけるか不安になると、やる気がでなくなります。

 

何かしらの病気の可能性

病気の可能性があるからです。

こういった場合は、カウンセリングに行くことが、たいせつです。

  • 転職活動のやる気が出ない
  • はたらく意欲が沸かない
  • 生きる気力さえも失ってきた

いろんな病気が、疑われます。

こんなときに、「もっと頑張らないといけない」と、自分を追い詰めてしまえば、もっとやる気がなくなってしまいます。

なので、こういった場合は、まずは専門のカウンセリングに行くことを、優先にしましょう。

 

存在意義を感じない

存在意義を、感じないからです。

人は、周囲から期待されることに、自分の存在価値を確認する生き物です。

転職先が見つからないと、周囲から自分を必要としないと、考えるようになります。

なので、存在意義を感じないと、やる気がでなくなります。

 

転職目的が高すぎる

転職の目的が、高すぎるからです。

  • 年収を200万円アップしたい
  • 人間関係がサイコーの職場に行きたい
  • やりたい仕事だけをやれる職場につきたい

などなど。

極端な例を紹介しましたが、自分には到底かなわない遠い目標にしてしまうと、自分にはムリだと、否定的になってしまいます。

なので、転職先に求める目標が高すぎると、やる気がなくなります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました