【準備方法を4ステップで解説】転職理由を上手に伝えるポイント5つ紹介

転職

転職をする人
転職する理由って人それぞれだけど、どんな理由で転職してるんだろう?

理由を聞かれたときにどうやって答えればイイのかな?

ネガティブな理由だけど、正直に伝えるべきなのかな?

こんな疑問にお答えします。

 

この記事では、

  • 転職理由を上手に伝えるポイント5つ紹介
  • 上手に伝えるための準備方法を4ステップで解説

こういった内容で紹介します。

 

過去に5回転職しました。

ほとんどがネガティブな理由での転職理由でした。

もっと、イイ印象を与えるために、転職理由を聞かれたときの疑問をまとめました。

 

転職理由を上手に伝えるポイント5つ紹介 

ポイントを5つ紹介します。

  • ウソを伝えない
  • 言わないことを決める
  • 前向きな姿勢を見せる
  • 働く目的と一貫性を持たせる
  • 状況と行動を具体的に説明する

くわしく解説します。

 

ウソを伝えない

ウソの理由を伝えないことです。

正直に伝えなかったことで、転職先で同じ理由で退職することになるからです。

 

採用担当者は、

  • 今の仕事に不満がある
  • 今の職場の環境に問題がある

こういったことがあって、転職をしていることを理解しています。

 

ネガティブなことを直接的に伝える事は、言い方を変えたりして考える必要があります。

しかし、ウソをついて転職先で同じ理由で辞めることになったら、あなたも企業側もイイことがありません。

なので、ウソを伝えないことです。

 

言わないことを決める

言わないことを決めましょう。

なぜなら、ネガティブな内容ばかりだと、採用担当者にマイナスイメージしか与えないからです。

 

たとえば、こういった内容は控えるべき。

  • 仕事内容が単調すぎて退屈だった
  • スキルが必要ないから仕事にやりがいを感じない
  • 人間関係でトラブルがあって苦労している

とくに人間関係の内容は、伝えないことがオススメです。

採用担当者が、同じようなことで辞めてしまわないか不安になります。

なので、言わないことを決めることが大事です。

 

前向きな姿勢を見せる

前向きな姿勢を見せましょう。

転職活動では、ポジティブな気持ちが大切になるからです。

  • 不足している部分がある
  • 弱みを伝える必要がある

こうしたポイントを説明すると、自信を失いかねないです。

 

たとえ、ネガティブなポイントを伝えることになったら、しっかりと自分を受け入れましょう。

過去の出来事よりも、これからどうしていきたいかが大切です。転職してから、不足しているところを受け入れ、成長していこうとする心が、企業側にとってほしい人材です。成長意欲を見せつけるポイントでもあります。

なので、前向きな姿勢を見せましょう。

 

働く目的と一貫性を持たせる

働く目的と転職理由が、マッチしていることが大切です。

転職は、あなたが理想としているキャリアプランと、現状とのギャップを埋めるためのものだからです。

 

前向きな考え方で転職を進めると、自然とポシティブな方向で理由が見つかります。

たとえば、

AI技術の仕事をしたいと考えていて勉強中だけど、AIを使った仕事が今の職場には無いから、今の会社を辞める。

とか、

不安定な収入で家族を養っていくには厳しいので、安定した収入を得たいために今の仕事を辞める。

といった理由も、一貫性があり、採用担当者にも納得してもらえます。

 

企業によって目的が達成されない可能性もあります。

【やらなきゃ落ちる】転職するなら業界研究は必須【ポイント解説】

あなたのこれからのキャリアプランと、企業に入社した時に、あなたの将来にマッチしているか確認が必要です。

 

なので、働く目的と転職理由に一貫性を持たせることが、大切になります。

 

状況と行動を具体的に説明する

具体的に伝えることが、重要です。

採用担当者は、あなたの今の職場の、不満や愚痴を聞きたいわけではないからです。

 

あなたが今の職場でどのようなことをしたのか、具体的に説明します。

たとえば、

  • 休日が少なかったのであれば、1週間に休日が◯日しかなかった
  • ◯日連続の勤務が常態化していた

など、数字とかを使って具体的に伝えましょう!

 

その中で、あなたがどのような対策をしてきたのかも、伝えるとよりイイでしょう!

たとえ、あなたが対策しようと行動して、解決しなかった場合も問題ありません。

自分から何か改善しようと、行動したことが大切です!他人任せではなく、自らトラブルを解決しようとした前向きな考えは、人にイイ印象を与えます。小さなアクションでも、あなたが何か変えようとして、動いたことを伝えましょう!

なので、状況と行動を具体的にしっかりと伝えましょう!

 

上手に伝えるための準備方法を4ステップで解説

上手に伝える準備方法を、紹介します。

  • なぜ転職したいのか言語化する
  • ポシティブな内容に変える
  • 転職後にどうなりたいか考える
  • 退職理由と転職理由をつなげる

順に解説します。

 

なぜ転職したいのか言語化する

言語化しましょう。

転職したい本質的な問題を、はっきりとさせるためです。

 

ここで言語化する内容は、ネガティブなことも出していきましょう!

  • なぜ今の会社から転職したいのか
  • なぜこの企業に転職したいのか

具体的に洗い出していくことで、転職理由が明確になってきます。

なので、転職したい理由を、言語化しましょう!

 

ポシティブな内容に変える

ネガティブな内容を消していきましょう。

採用担当者に、プラスのイメージを与えるからです。

 

ネガティブな内容だと、採用される可能性が低くなってしまいます。

言い換える例えとして、

  • 給料が少なかった → 成果に見合った報酬が得られる企業で、さらに貢献したい
  • 拘束時間が厳しい → 決まった時間内で、常に最高のパフォーマンスで仕事をしたい
  • 人間関係に不満  → 尊敬できる上司の下で、企業の貢献のために自分を成長させていきたい

今抱えている不満点を、ポジティブな内容に変えていきましょう!

変えるだけで、前向きな気持ちで転職活動ができるようになりますよ!

なので、ポジティブな内容に変えましょう。

 

転職後にどうなりたいか考える

あなたが、転職後になりたい姿を考えましょう!

とはいえ、ある程度働きたい企業を選んでないと、考えることが難しいと思います。

あなたが働きたい企業を見つけてから、その企業に入ってから達成されることを考えていきます。

  • 給料アップ
  • 休日が増える
  • 人に恵まれている

などなど。

転職する理由でもあるし、志望する理由でもあります。

あなたの未来を具体的にして、明るいビジネスライフを過ごしていることをイメージしてみましょう!どんな仕事をしていれば、あなたが満足して生活しているか、これからの人生で大切になります。

なので、転職後にどうなりたいのか考えましょう。

 

退職理由と転職理由をつなげる

一貫性を持ちましょう。

採用担当者に、警戒されないためです。

 

退職理由と転職理由が、矛盾だらけで一貫性がないと、採用担当者に「この人大丈夫かな?」と、不安になってしまいます。

ここまでに解説した内容をうまくつなぎ合わせて、矛盾がないようにしましょう。

  • 給料が少なかった → 成果に見合った報酬が得られる企業で、さらに貢献したい → 成果報酬型の御社で働きたい
  • 拘束時間が厳しい → 決まった時間内で、常に最高のパフォーマンスで仕事をしたい → 業務効率化を進めている御社で、自分自身も成長したい
  • 人間関係に不満  → 尊敬できる上司の下で、企業の貢献のために自分を成長させていきたい → 経営者の◯◯社長の下で、成長したい

こんな感じで、理由の一貫性を作ります。

なので、退職理由と転職理由をつなげましょう。

 

転職理由は、ネガティブな内容がほとんどです。

前向きな転職は、成功につながります。

理由の考え方を変えるだけで、ポジティブに転職活動を進めることにつながります。

転職活動は、ポジティブ思考が成功のカギ

大事な転職理由をしっかりと考え、あなたの明るい未来へ導いてあげましょう!