【これで安心】転職時の履歴書はどのサイズでも問題なし【大きさを統一しよう】

転職

履歴書で悩む人
履歴書を用意しないといけないけど、どのサイズがイイんだろう?

いくつかサイズがあるし、何がどう違うのか気になるな・・・。

 

こんな疑問にお答えします。

 

この記事では、

  • 履歴書はどのサイズでも問題なし【統一しよう】
  • 書きたい事が多いならA4サイズにする

こういった内容で紹介します。

 

過去に転職を5回してきましたが、履歴書の大きさは適当でイイと思っていました。

結論、どの大きさでも通過したので、問題ないと思います。

とはいえ、それぞれ使い分ける意味があると思うので、記事にしてまとめてみました。

 

履歴書のサイズはどれでも問題なし【大きさを統一しよう】

どの大きさで書いても、問題ありません。

なぜなら、大きさではなく、履歴書の中身が重要だからです。

 

お店には、「〇〇向き」といった感じで、転職者向けの履歴書が用意されてます。

カンタンに履歴書を手に入れるなら、こうした方法が一番です。

 

とはいえ、履歴書には、いくつか大きさがあって、迷いますよね?

どれも同じような感じで、何がどう違うのかも、わからないと思います。

しかし、大きさが違うことで起きる問題は、ほとんどありません。

 

とはいえ、どのくらい大きさの種類があるのか気になると思います。

履歴書の大きさは、こんな感じ。

  • A4サイズ
  • B5サイズ

大きく分けるとこの2種類です。

それぞれ詳しく解説します。

 

A4サイズ

A4サイズには、

  • A4判
  • A3
  • A判

と、呼ばれているものもあります。

これら全て同じA4サイズです。

なので、上で紹介したような、履歴書の大きさを指定されたら、A4サイズを用意しましょう!

 

B5サイズ

一方でB5サイズには、

  • B5判
  • B4
  • B判

が含まれます。

3通りの呼び方があります。

しかし、どれもB5サイズです。

なので、上で紹介した呼び方で、履歴書をお願いされたら、B5サイズで準備しましょう!

 

疑問点:企業から大きさを指定されたら

その通りに、準備しましょう。

大きさの指定をしたのには、企業側の理由があるからです。

 

指定された大きさの履歴書で書かないと、書類審査しないかもしれません。

なので、履歴書の大きさが指定されるのなら、そのように用意しましょう。

書類審査を通るなら、こうした条件もしっかりとクリアしていきましょうね!

書きたい事が多いならA4サイズにする

書きたいことが多い人は、A4サイズの大きいものを使いましょう。

なぜなら、B5サイズだと書ききれないかもしれないからです。

 

たとえば、過去に転職をたくさんしていたら、書くことが多いと思います。

それでは、スペースが足りなくて、今までの経歴をすべて書けないかもしれません。

なので、書くことが多ければ、B5サイズの履歴書を用意しましょう。

 

疑問点①:1枚に書ききれなかったら

複数の履歴書にまとめましょう。

読みやすい履歴書を、準備するためです。

 

狭いスペースに文字がたくさん敷き詰められていると、読みづらくなります。

たくさん書くことがあり、スペースに余裕がなくなりそうなら、別の書類へ続きを書きましょう。

 

両面印刷はやめておこう

両面印刷は、やめましょう。

面接官が書類に目を通すときに、大変だからです。

 

紙がもったいないと思って、両面印刷したくなる気持ちはわかります。

しかし、面接官は書類に目を通しながら、面接をすることになります。

そのときに、書類をひっくり返しながら、見返すのはとても大変な作業です。

 

なので、もったいないと思いますが、両面印刷はやめましょう。

 

書類をまとめる方法

2枚以上の書類を使うとき、まとめる必要があります。

そのときは、ホチキスを使ってまとめて止めるのは、やめましょう。

なぜなら、外すときにメンドーだからです。

 

書類をまとめるときは、

  • クリップで止める
  • ファイルにまとめる

こんな方法で、まとめておきましょう。

理想的なまとめ方は、クリップで止めた書類を、ファイルに入れてまとめることです。

 

こうした小さな気遣いが、面接官へ良いイメージを与えます

自分のアピールのためにも、小さな気遣いを心がけてみましょう。

 

疑問点②:書くことが少ないときは

B5サイズを使いましょう。

見た目がよく見えるからです。

 

大きいサイズに、書くことが少なく空白だらけだと、見た目があまり良くないです。

要するに、内容も大事だけど、それ以上にパッと見の印象も重要

なので、小さいサイズのB5サイズを使って、余白を小さく見せるのも、一つのテクニックです。

 

疑問点③:履歴書と職務経歴書の大きさは統一しなくていいの

統一するべきです。

採用担当者が、書類を扱いづらくなるからです。

 

もし、あなたが大きさの違う書類があると、取り扱いづらいと感じませんか?

これと同じことです。

 

たとえば、履歴書をA4サイズで書いたのであれば、職務経歴書も同じサイズのA4サイズを使いましょう。

こうした小さな気遣いができれば、

「社会人として優秀な人だ」

と、採用担当者に良い印象を与えられます。

 

履歴書の大きさがたくさんあって悩むと思います。

企業側から指定されれば、迷いなくその大きさを使えばいいです。

しかし、書類の大きさで選考が通らないという不安もあると思います。

心配であれば、最終的には企業側に質問してみるのもいいかもしれません。

そのときに、大きさの指定がないとわかれば、気持ち的にラクになると思いますよ!