【失敗しない】転職時の貯金は最低10万円【意外とかかる】

転職

[voice icon=”https://masahikoblog.net/wp-content/uploads/2020/08/business_man2_4_think.png” name=”転職を考える人” type=”l big”]転職したいけど、そんなときに大体いくら貯金があればイイんだろう?

転職期間中に、どんな風に貯金って使っていけばイイのかも気になるかも・・・。[/voice]

 

こうした疑問にお答えします。

 

この記事では、

  • 【失敗しない】転職時の貯金は最低10万円【意外とかかる】
  • 転職のときにかかる費用

こういった内容で紹介します。

 

僕は今まで5回の転職をしてきました。

結論、貯金は多いに越した事ないと感じました。

その理由と、本来なら他にもかかっていただろう費用を紹介しながら、転職に必要な理想的な貯金額を紹介していこうと思います。

 

【失敗しない】転職時の貯金は最低10万円

最低でも10万ないと、厳しいです。

なぜなら、転職にかかる費用は、思った以上にかかるからです。

 

僕は転職時に多い時、10万円の貯金をしていました。

その貯金の中からやりくりしていた感じです。

後述しますが、その時にかかる費用をくわしく解説しますね!

 

貯金が無いと心の余裕が違う

貯金がゼロだと、精神的にかかる負担は小さいと思います。

なぜなら、転職のときのお金が、意外とかかることに驚くからです。

 

お金の余裕があるだけで、転職する時に選べる範囲が広がります。

なので、最低でも10万円の貯金は用意しておきましょう!

 

転職のときにかかる費用

money-drawn-image

具体的に転職の時には、どのくらいの費用がかかるんでしょうか?

内容と費用をくわしく紹介します。

 

転職中にかかる費用

かかる費用は、こんな感じの項目です。

  • 交通費
  • 宿泊費
  • 転職活動時の服装の準備
  • 必要書類の購入
  • 転職活動時の知識を得るための書籍等
  • 活動中のカフェ代など

これらは、転職活動中に必要な費用です。

カンタンに解説していきますね。

 

交通費

応募している企業へ面接など行くときに、必要になります。

特に遠方へ面接に行く人は、交通費がかなりかかります。

たとえば、新幹線とか飛行機とかですね。

一回の交通費もバカにならないので、貯金が多いに越したことないですね。

 

宿泊費

これも遠方に行くときですね。

日帰りで戻れればイイですが、2日に分けて企業と面接などがあれば、泊まる必要も出てきます。

たとえば、ホテル一泊が5000円だとしたら、交通費と合わせると、かなりの高額になります。

思った以上にかかりますね。

 

転職活動時の服装の準備

スーツやカバンがなければ、用意が必要です。

リクルートスーツは、いいお値段します。

 

僕の経験上、スーツ、ネクタイ、靴、カバン、シャツをすべて揃えて30,000円しました。

この出費もお財布的にかなり痛いので、貯金を切り崩していく必要があります。

もしその時だけでオッケーなら、レンタルスーツを利用してみるのもいいかもです。

買うより安く済みますし、転職期間中しか使わないとなれば、こうしたサービスを使ってみるのもイイですね!

 

必要書類の購入

履歴書や職務経歴書、証明写真などの書類に関する資金です。

たくさんの企業に応募する場合は、準備する量が増えます。

なので、書類関係の出費があることも忘れない様にしましょう。

【派遣社員版】履歴書と職歴経歴書の図解解説【アプリを使えばカンタン作成】

 

転職活動時の知識を得るための書籍等

なくても問題ないです。

中には、ある程度の知識をつけておきたいと考えている人は、教材費も考えておきましょう。

転職にまつわるマナーとか、書類に関する書き方とか、はじめての転職はわからないことだらけです。

 

そんな人には、必要になるかもです。

 

活動中の食事代など

企業面接とかは、結構時間がかかります。

昼食や夕食用の食事代がかかってくるでしょう。

一回あたりの費用は、安いかもです。

しかし、積み重なれば、結構な金額になります。

なので、食事やカフェでの一服のときの費用も考えておきましょう!

 

転職後にかかる費用

退職したあとに必要な費用は、どんな物があるのかを確認してみましょう。

  • 引越し
  • 収入が無い時の補填
  • 国民保険料

くわしく見てみましょう。

 

引越し

近距離でも甘く見れません。

だいたい10万円くらいします。

 

参考までに、僕が転職の時に一番かかった引越し費用は、茨城から愛知で25万円です。

ちなみに、そのときは家族3人で生活したときの荷物の量でした。(大人2人分&子供0歳)

 

近距離の引越しでも最低5万円は見たほうがいいでしょう。

僕は市内の引越しでも、10万円かかりました。(大人2人&子供2人)

 

収入が無いときの補填

退職後、スグに給料が入るとは限りません。

企業によっては、給料の支払日が違うところがあります

 

転職前に確認すればイイです。

しかし、思いのほか転職でお金のかかった事により、負担がドッシリと襲ってきます。

なので、ある程度の貯金は確保しておいたほうがイイでしょう。

 

国民保険料

以外と忘れがちになります。

なぜなら、今まで社会保険に加入していたからです。

 

国民保険料は、想像以上に費用がかかります。

家族がいれば、人数分の負担をする必要があります。

こうした時に、国民保険の費用が、意外とかかる事にきづくはずです。

 

さいごに、

転職の時には、意外なところで費用がかかってきます。

日頃からある程度の貯金をする様にしておきましょう。

転職を考える様になったら、貯金額の確認も同時にしておくとイイですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました