【失敗しない】働きながら転職活動する方法【時間の作り方が難しい】

転職

転職を考える人
働きながら転職活動をしようと思っているけど、大変そう・・・。一体どうすればイイだろう?

働きながら転職する時に注意するところとかあれば教えて欲しい!

 

こうした疑問を解消します。

 

この記事では、

  • 働きながら転職活動する方法【時間の作り方が難しい】
  • 在籍中に転職活動するときの注意点3つ

こういった内容で紹介していきます。

 

僕は、過去に転職を5回経験しており、在籍中に転職をしていた経験があります。

結論、働きながらの転職活動は、時間の作り方が難しいです。

そして、時間をうまく作り出せずに失敗続きでした。

 

そこで、自分の反省を込めて、働きながらの転職をうまく乗り切る方法を記事にしようと思います。

 

働きながら転職活動する方法【時間の作り方が難しい】

結論、時間を作り出すのが難しいです。

なぜなら、働きながら、色々な準備をする必要があるからです。

 

時間が限られた中で、どうすればイイのかを、くわしく解説していきますね!

 

まずは準備をしよう

転職を考えるようになったら、まずは準備を進めてしまいましょう。

なぜなら、慌ててしまうのを防ぐ為です。

それではどんな準備をすればイイのか紹介します。

 

転職エージェントに登録する

はじめに済ませておきましょう。

登録しておけば、何かと役に立つからです。

たくさんのエージェントに登録しておく

扱ってない企業が、ほかのエージェントにあることもあります。

なので、登録できるなら、多めにしておきましょう。

 

有給休暇を取得しておく

どのくらい有給が残っているか確認しておきましょう。

平日にも転職活動ができるようにしておくためです。

 

ほとんどの企業が、平日に面接や試験をするところが多いです。

なので、平日にも動けるように、有給休暇の確認をしっかりとしておきます。

 

引き継ぎのまとめをしておく

自分の仕事の整理をしておきましょう。

引き継ぎのタイミングで、慌てずに済むからです。

 

あなたがたくさんの業務を持っていた場合、引き継ぎに時間がかかると思います。

なので、転職活動を開始したタイミングで、どんな業務を持っているのか棚卸しをしておくとイイでしょう。

 

転職活動中にすること

転職活動中は、在籍中の仕事のことも考える必要があります。

転職活動と仕事の両方に影響が出ないようにするには、どうすればイイのか確認していきましょう。

 

在籍中の仕事に穴を空けない

平日に転職活動をするときは、在籍中のあなたの仕事に影響がないようにしておきましょう。

なぜなら、仕事の進捗に影響が出てしまうからです。

 

繁忙期や忙しい時期などは、できれば避けるようにした方がイイかもです。

応募先の企業には、日時をうまく調整してもらいましょう。

事情を伝えれば、理解してくれることがほとんどです。

 

仕事のない日時を検討する

面接の日時を土日などの、仕事のない日に合わせてもらいましょう。

なぜなら、在籍中の業務に支障が出やすいからです。

中には土日などの休日に、面接を実施してくれる企業もあります。

うまく活用して、仕事のない日に調整してもらうようにお願いしてみましょう。

あとは、遠距離の場合だと、移動時間がかかります

そうした時は、リモートで面接をしてもらえないかも、確認するとイイですね!

 

期限を決める

いつまでに転職先を選ぶのか決めましょう。

ダラダラと決めてしまっても、応募先の企業に迷惑を欠けてしまうからです。

さらに、在籍中の仕事に影響が出てしまいます。

転職活動を始めたら、いつまでに決めるとゴールを決めて実行しましょう。

応募先企業への返事も遅くなると、迷惑がかかります。

 

あなたの意思が決まり次第、すぐに返事をするようにしましょう。

 

在籍中に転職活動するときの注意点3つ

list image

在籍中に注意する点をまとめてみました。

こんな感じです。

  • 転職活動中だと言わない
  • 面接時期のバッティング
  • 応募先企業との約束を守れない

くわしく説明しますね。

 

転職活動中だと言わない

言わないのが吉です。

なぜなら、知られると職場に居づらくなるからです。

 

転職活動中だと、周囲の人にバレてしまうと、業務をしていくのに影響が出てしまします。

あまり、メリットはないので、転職活動中だとは周囲には話さないようにしましょう。

 

面接時期のバッティング

同じ時期に違う企業の転職活動をするのは、辞めておきましょう。

なぜなら、スケジュールの管理が大変になるからです。

 

たくさん応募したい気持ちは、わかります。

しかし、たくさん応募すると、時間管理が難しくなってしまいます

そして、応募先の面接とかに時間が被ってしまうなどの、トラブルの原因になってしまいます。

 

なので、面接時期にバッティングには注意が必要です。

 

応募先企業との約束を守れない

終業後の転職活動は、リスクが多いです。

なぜなら、残業や急なトラブルで、時間に間に合わなくなるからです。

 

もし、平日の終業後に応募先と約束をしていたら、その日の仕事は上手に断れるように事前に伝えておきましょう。

そうすれば、急なトラブルや残業で、遅くまで残る必要がなくなります。

 

さいごに、

働きながら転職活動をすることは難しいです。

しかし、精神的な安心感はあります。

限られた時間の中で実行するので、正直大変です。

あなたの明るい未来のために、しっかりと転職の準備をしておきましょう!