【考えよう】転職するなら若いうちが有利【20代のうちに】

転職

[voice icon=”https://masahikoblog.net/wp-content/uploads/2020/08/business_man2_4_think.png” name=”転職を考える若い人” type=”l big”]転職するなら、若いうちにしておいた方がいいかな〜。

求人の数とか若いほうが多いらしいし、内定をもらいやすいってきくよな〜。

若いうちに転職して、後悔したりしないかな?[/voice]

 

こうした疑問にお答えします。

 

この記事では、

  • 転職するなら若いうちが有利【20代のうちに】
  • 若いうちに転職して、後悔したとならないためには

こういった内容で紹介します。

 

転職するなら、若いうちがイイとききます。

ぼくは5回転職をしてきましたが、20代で2度経験してます。

結論、若いうちに転職したほうが、企業が見つかりやすいです。

まだまだ社会人としての成長の伸びしろ

しかし、選択をまちがえれば、今後の人生に大きなダメージをあたえます。

 

ぼくの経験をもとに、若いうちの転職が有利な理由を記事にまとめました。

20代のじぶんに向けた内容になってます。

 

転職するなら若いうちが有利【20代のうちに】

転職するなら、若いうちが有利です。

圧倒的に、成長の伸びしろがあるからです。

 

若いときは、まだまだ知識や経験が圧倒的に足りないです。

逆にながく働いてくると、たとえば、こんな考えを持ちはじめます。

  • まえの会社はこうだった
  • 今までじぶんの仕事はこうやってきた

社会経験が、ながい人ほど、こうした考えになりがちです。

今までの経験で、実績をつんできた証拠です。かくいう、ぼく自身がこんな考えかたに、なってきてます・・・。

 

経験がすくなければ、じぶんのやることに不安を抱えるものです。

若ければ、不安のぶんの吸収力があります。

職場の先輩からのアドバイスとかを、すなおに聞けて、企業としても成長に期待できます。

 

新卒とほとんど変わらない

まだまだ、成長段階です。

新卒の社会人と同じくらいに、企業も教育に力を入れられます。

 

社会人としての基本を理解していても、業界の専門的なことは、10年、20年はたらき続けたひとに比べ、まだまだ不足してます。

新しいことを覚えることは、若いうちなら時間もかかりません。

ただし、転職したては、高収入を期待できません。

しかし、ながい将来のビジョンをかんがえたら、あとあと高収入につながりやすくなります。

 

若いうちが有利な理由

それはこちらで解説。

 

固定観念がないから

固定観念がないからです。

まだまだ社会人経験の浅い若い人なら、色々とわからないことが、たくさんあります。

逆に、長くはたらいてきたベテランさんは、「これが正しいんだ!」と、今までの実績からすべてを判断し、アドバイスを受け入れてくれない傾向にあります。

とはいえ、あくまで一部の人だけだと思います。ぼくが今まではたらいてきた会社は、すこし固定観念の強いベテランさんがいました。参考までに・・・。

なので、固定観念がないと、若いうちが有利と考えられます。

 

吸収力があるから

吸収力があるからです。

先述したように、今までの経歴がまだまだ浅いのが、大きいです。

その分、知らないことをたくさん吸収しようと、積極的に行動しようとします。

さらに、若いひとのほうが、すなおに知識を吸収しようとします。

なので、成長スピードが、圧倒的に、はやくなります。

すなおな人は、成長がはやいと言います。逆にすなおじゃない人は、頑固で、自分のやり方にこだわります。なので、成長できるタイミングを、なくしてしまいます。「若さ=すなお」とは、なりません。しかし、年齢による経験のかずは、固定観念をもちがちです。

とはいえ、なんでもかんでも吸収して、まちがった知識を習得しては、意味なしです。

なので、じぶんから積極的に勉強しようと、正しい知識を身につけることも、たいせつです。

若いころの学習スピードは、はやい!

 

伸びしろがあるから

新卒と同じように、教育できるからです。

若いと、まだまだ伸びしろがあります。

先述した吸収力があることと同じように、知識がすくない分、たくさん学べる範囲がふえます。

今まで経験したことのない分野は、若いひとほど、取り入れるスピードがはやいです。

 

企業がかんがえる、若い人を雇うメリット

結論、低賃金で雇うことができるからです。

成長意欲をなくしてしまいますが、わりと事実です。

とはいえ、企業ではたらく以上は、会社に利益をあたえる必要があります。

 

ベテラン社員にくらべると、貢献度はたかくないです・・・。

なので、この点は、理解しておく必要がありますね。

ただ、がんばり次第では、昇給がはやくなることも、あり得ます。

体力とやる気は若いうちが花

会社への忠誠心は、若いうちにつけておけば、のちのちの人生に困らないかと・・・。

 

若いうちに転職して、後悔したとならないためには

結論、将来をしっかり考える事です。

未来のじぶんが、後悔しないためです。

当然といわれてしまえば、それまでです。

しかし、ぼく自身は、しっかり考えませんでした・・・。

後悔したとならないために、どうすればよかったのか、くわしく紹介します。

 

じぶんから学ぼうとする意欲

これは社会人としてたいせつです。

なぜなら、会社を大きくしていかないといけないからです。

あなたはこの会社に入って、どんなことをしたいですか?

なんとなく転職で入ってしまえば、その目的はあいまいなものになってしまいます。

 

そして、社会人である以上は、企業に利益をあたえる必要があります。

企業が、常に成長していく必要があるからです。

その中で、あなた自身も積極的にせいちょうしていかなければ、会社も大きくなりません。

じぶん自身のせいちょうのチャンスです!このチャンスを逃すわけにはいきませんよ!給料をもらいながら、学習できる環境は、やらないともったいないと考えるべきです。イイ感じに会社を利用しましょう!

 

転職先をしっかりと考える

カンタンに転職先を、考えないようにしましょう。

なぜなら、あとあと間違いなく、後悔するからです。

ラクに稼げる仕事は、たくさんあります。

しかし、ある程度年齢をかさねると、必要なスキルがないと困ってしまいます。

こうした問題を解消するためには、せいちょう機会のある企業に転職するのが、ひつようです。

十分なスキルがなければ、昇給するチャンスが少なくなってしまいます。仮にこの先転職することになった時、えらべる仕事の幅が限定されてしまいます。未来のじぶんのためにどんな企業にはたらけば、どんなスキルが身につくのかと、そのスキルを身につけたことで、どんな付加価値をじぶんにあたえるのか、考えましょう!

人生はつねにせいちょうの連続です。

人生100年時代。

あなたの価値は、柔軟な若いうちにつけておきましょう。

30代をこえると、時間と体力が、圧倒的に減ります・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました