【大人もハマる!】子供と一緒に楽しむ時間を増やしませんか?くみくみスロープの魅力

kumontoy-kumikumi-slope-picture 知育玩具

我が家の4歳の長男が、夢中になって遊んでいる知育玩具を紹介します。

ぜひ参考にしてください。

こどもの成長にはおもちゃが必要になります。

building-toys

月齢によって遊ぶおもちゃも変わってきて、どのおもちゃを遊ばせればいいのかいろいろ考えてしまいます。

そこで我が家の子供をモデルにオススメのおもちゃを紹介します。

ぜひこれから大きくなる子供のために参考にしてみてください。

1.4歳児がハマる「くみくみスロープ」とは

くもん出版からでている知育玩具の1つです。

日本のこども教育のトップを争うブランドで有名ですね!

 

いろいろなパーツを組み合わせて小さなボールを上から下に転がして遊ぶ、頭を使うおもちゃです。

 

対象年齢は3歳からです。

rollercoaster

ここで注意すべき点として、小さなボールを使って遊ぶおもちゃなので兄弟に小さなお子さんがいる家庭の場合誤飲しないように注意してください。

 

我が家は10ヶ月の娘がいるので、ベビーフェンスを使って遊ばせることでこの問題を解消しています。

 

購入前の注意事項として経験者としてお伝えします。

 

ちなみにこんなパーツが用意されています。

kumontoy-kumikumi-slope-parts1-picture
ストレート
kumontoy-kumikumi-slope-parts3-picture
凸凹ストレート
kumontoy-kumikumi-slope-parts6-picture
カーブ
kumontoy-kumikumi-slope-parts2-picture
S字カーブ
kumontoy-kumikumi-slope-parts8-picture
分岐
kumontoy-kumikumi-slope-parts7-picture
kumontoy-kumikumi-slope-parts4-picture
歯車タテ
kumontoy-kumikumi-slope-parts5-picture
歯車ヨコ

他にもパーツはありますが、面白いアクションを見られるモノのみ紹介しています。

 

大人が組み立てて遊んでみても楽しむことができますよ!

 

自分はこどもがいない時にひっそりと組み立てて遊んでます。

 

日頃のストレスを発散したい時にボーっとボールを眺めてみるのも良いですよ!

 

使うパーツによっていろいろなアクションを起こすので、見ているだけでも楽しめます。

【オススメ】4歳児が夢中で遊ぶ「くみくみスロープ」【くもん】

ボールがうまく下まで落ちていかない時は、下まで転がるように試行錯誤しながら組み立てていきます。

 

自分の組み立てたコースでボールが下まで落ちた時の達成感に、長男はとても喜んでいます。

 

完成したコースは、ママやパパたちを呼んで転がして見せてくれます。

 

親の立場としても1人で1つのモノを作り上げた時の成長は、嬉しく思います。

 

はじめはパーツの少ないレベルからスタートし、少しずつ1人で作れるようになったらよりレベルの高いモノにチャレンジしています。

 

取扱説明書の中では全部で10パターンの組み立て方が紹介されています。

 

一部コースのレイアウトを紹介します。

kumontoy-kumikumi-slope-text1-picture
はじめはココから
kumontoy-kumikumi-slope-text4-picture
少しずつステップアップ
kumontoy-kumikumi-slope-text9-picture
こんなコースも作れるように!

すべてのコースを作れるようになったら、自分でオリジナルのコースを考えて作ることもできます。

 

お手本よりもクオリティの高いモノを作ることが出来るかもしれませんよ!

 

使ってみて気づく点としては、パーツをはめるのに力が必要になるモノも中には存在します。

 

こどもの力では難しいところは、おとながサポートしてあげてください。

 

はじめはなかなかうまく出来なかったものが、1人で出来た時の達成感と喜びは大きいモノです。

pose-gutspose-family-boy

ボールが転がるたびにすごく興味を持って遊んでいるので、親としてもとても嬉しく思います。

 

このおもちゃで遊ぶことをきっかけに自分から進んで片付けをするようになりました。

 

こどもが片付けをしてくれるように教育するのもおもちゃを通して学んでくれます。

 

パーツが多いので、1つ1つあることを確認しながら箱の中にしまってくれます。

 

親としてもすごくうれしいし、助かってます。

 

遊び飽きたころには、よりレベルの高いおもちゃで遊ばせたいと考えています。

 

我が家ではこの「くみくみスロープ」ですが、よりスケールの大きいものも用意されています。

 

もし兄弟間で仲良く遊ぶ場合や、それぞれで集中して遊ばせたい場合など、候補として検討してもいいかもしれません。

ちなみにこの「くみくみスロープ」は追加でパーツを買うことにより、さらにバリエーションの豊富な面白いコースを作ることができます。

2.育てる3つの力

親である以上どのような効果が持てるのか気になります。

このおもちゃで養える能力を紹介します。

2-1.創造力

創造力という言葉はよく耳にしますが、説明するのは難しいですね。

自分の考えや技術で、新しいものをつくりだす力。ものを生みだす能力。

出典:精選版 日本国語大辞典/精選版 日本国語大辞典について

最近この創造力を重要視されてきています。

 

これまでの決まった答えを導く知識より、問題を作る側の能力が重要視されてきています。

 

完成させるコースをどのように組み上げていくのかイメージをしながら組み立てていく。

pose-imagine-man

おとなが口で説明することは難しいですし、遊んでいるうちに掴んでいく能力です。

 

想像力を養うことでこどもたちが新しい発見を見つけていくサポートします。

 

2-2.考える力

どのパーツを使い、どことどこを組み合わせるとボールがうまく下まで転がっていくのか考えるようになります。

 

ただやみくもにパーツをつなげてもボールは下まで転がっていきません。

 

1つ1つのパーツの違いを目で見てしっかりと考え、どうしたらボールをうまく下まで転がせるようになるのか組み合わせていきます。

whiteboy3-1question

 

ボールは上から下に転がること、穴がなければボールが通らないことおとなではものすごくカンタンなことでもこうした力は子供にとっては初めて尽くしです。

 

このおもちゃによって楽しみながら考える力をつけることができます。

 

2-3.集中力

上2つの力を最大限に発揮する為に必要な力です。

 

集中力をつけなければ上で紹介した力というのも弱くなってしまいます。

 

目の前のおもちゃから組み立てる時のパーツの配置やボールの転がるイメージも集中しているとより能力を発揮します。

study-woman-normal

 

タダ上からボールを転がすだけではこどもたちの知育には役に立っていません。

 

こどもたちに手を使って遊ばせることでその効果が現れてきます。

 

まとめ

こどものおもちゃの選別は、おとなにとって難しい課題です。

 

月齢に合わせてその子にあったおもちゃを選ぶことは大変です。

 

おもちゃの買い物は決して安くはありません。

 

しかし、自分のこどものためにもいろいろなおもちゃに触れさせることも1つの教育であると考えてます。

 

知育玩具の1つであるこのおもちゃも1つの候補として考えてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました