【問題なし】派遣の複数応募はやらなきゃ損【気をつける点5つ】

document selection image 派遣社員

複数応募したい派遣社員
派遣の複数応募ってできるのかな?複数応募できるなら、どんなことに注意すればイイんだろう?それに、複数応募して、お仕事決まった時に、ほかの紹介された派遣先はどうやって断ればイイんだろう?

この疑問を解決します。

 

この記事では、

  • 複数応募する時に気をつける点5つ
  • 上手なお仕事の断り方

こういった内容で紹介します。

 

ちなみに僕は、過去の派遣会社の登録の時に複数に応募した経験があります。

結論、複数応募しても、まったく問題なしです。

 

複数応募した経験があるので、わりと参考になると思います。

とはいえ、僕の経験だけでは少々不安だと思うので、一般的な内容も一緒に紹介していきます。

 

複数応募する時に気をつける点5つ

selection image

以下に紹介する内容に気をつけましょう。

  • スケジュール管理
  • やりたい仕事だけに絞る
  • リミットを決める
  • やると決めた後に辞退しない
  • 顔合わせまで進めない

くわしく解説します。

 

スケジュール管理

これは重要です。

スケジュールが被ってしまうと、問題だからです。

 

たとえば、

A社の職場見学の予約を入れていたのに、同じ時間にB社の職場見学の予定をしているのを忘れてた!

なんて事があり得ます。

 

あとは、「多分大丈夫だろう・・・」と思って、同じ日の違う時間で、それぞれ予定を入れるとかですね。

スケジュールが押してしまった場合、困ります。

 

なので、スケジュールの管理は、余裕を持って入れておくようにしましょう。

たくさん受けたい気持ちはわかります。

ですが、なるべく1日1社がベスト

 

✔️案件の管理も大事

どこの派遣会社で、どの案件を応募したのかも管理が必要です。

連絡のあった派遣会社に、別の派遣会社で応募した案件を間違って伝えてしまったら、問題だからです。

 

A社にB社の案件を説明してもわかりませんし、そのタイミングで、管理のできない人と判断される可能性があります。

なので、案件の管理もしっかりとやりましょう。

 

案件の管理をする時に、履歴書を書くことになると思います。

派遣の履歴書をどのように書いてイイのかよくわからない、そんな人には【派遣社員版】履歴書と職歴経歴書の図解解説【アプリを使えばカンタン作成】で解説しています。

興味のある人は、まずこの記事から読んでみてください。

 

やりたい仕事だけに絞る

いろいろ判断するところがあります。

  • 給料
  • 仕事内容
  • 働く場所
  • 働く時間帯
  • 残業の有無

自分が一番働きやすいポイントに絞るのがイイです。

なぜなら、いろんな候補を上げてしまうと、後々、仕事を絞るのが難しくなるからです。

 

たとえば、

  • 自分の働く場所は、ココじゃなきゃイヤだ
  • 残業だけは絶対にしたくない!

というような(極端ですが・・・)、強いこだわりで絞っていくとイイですよ!

 

そうすれば、選択の幅が狭くなります。

なので、いくつか紹介があった時に迷いがなく、仕事を選びやすくなります。

 

リミットを決める

返事の期限を決めましょう。

派遣会社や紹介された派遣先に、迷惑をかけない為です。

 

なかなか返事がないと、

  • 派遣先が、次の人材を紹介してもらおうか、判断できない
  • 派遣会社が、あなたに仕事を紹介してイイのか、判断できない

なんて事になります。

 

あなたひとりの問題ではなく、会社同士のトラブルにもなるでしょう。

なので、いつまでに返事をするか、あらかじめ決めておきましょう。

 

やると決めた後に辞退しない

「派遣先で働く事が決まりました。」

「やっぱり違うところにします。」

これはNGです。

派遣先にも迷惑がかかるし、派遣会社にも信用というものが失われてしまうからです。

 

決まったことを、また一から始めなければいけません。

  • 派遣先は、新しい人を探す必要がある
  • 派遣会社は、派遣先に謝罪と、次の補填する人員を探す必要がある

先ほどの「リミットを決める」とほぼ被りますが、いろんなところに迷惑がかかります。

 

こうしたことを避けるために、「やりたい仕事だけに絞る」を、まず決めましょう。

顔合わせまで進めない

職場見学までは、問題ないと判断されている派遣会社が、大半です。

顔合わせ=面接

つまり、ほぼ決まったような物です。

 

顔合わせまで進めてしまうと、断る場合に困ります。

なぜなら、派遣先と派遣会社に、迷惑がかかるからです。

 

なので、顔合わせのタイミングになったら、一旦保留にしておくのが望ましいでしょう。

 

上手なお仕事の断り方

letter image

断ることに抵抗があって、

「紹介してもらったのに申し訳ないな〜」

と、考えてしまいます。

 

だからこそ、誠心誠意、しっかりと自分の意思を伝えて断ることも大事です。

あなたの、一生懸命な気持ちが伝われば、紹介をしてくれた派遣会社も悪い気分にはなりません。

 

どんな風に伝えればイイのかわからない人に、カンタンに紹介します。

「お世話になります、〇〇です。先日、お仕事の紹介ありがとうございました。申し訳ありません。今回、紹介していただいた〇〇のお仕事ですが、ほかでお仕事が決まりましたので、お断り致します。いろいろお世話になりました。ありがとうございました。」

と、自分ならこのように断りの連絡を入れました。

断りの連絡は早いほうがイイ

意思が決まったら、スグがイイですね!

なぜなら、派遣会社や派遣先が、人材の準備を早く進められるからです。

 

あなたが断ることで、本来埋まるはずの穴が、空いたままになります。

その穴を埋めるために、新しく人を採用する必要があるわけです。

なので、派遣先のためにも早めに連絡を入れましょう。

 

さいごに

派遣はいくつでも応募ができ、自分にあった仕事が見つかるまで、候補を絞り込みやすいです。

さらに、いろんな派遣会社に登録することもできます。

なので、一つの派遣会社に固執する必要がなくなるわけです。

 

ただ、いろんな会社に応募できるメリットがあるため、断り方も丁寧にする必要があります。

今回紹介した、「気をつける点」や「断り方」を参考に、自分にあったお仕事を見つけてください。

自分の人生を充実させるために、損しない派遣の働き方を見つけましょう!