派遣社員が賃貸の審査を通過するポイント3つ【失敗談あり】

find a room image 派遣社員

[voice icon=”https://masahikoblog.net/wp-content/uploads/2020/08/business_man2_4_think.png ” name=”派遣社員で働こうと考えてる人” type=”l big”]派遣社員として働く自分は、賃貸の審査って通過するのかな?どうすれば賃貸の審査に通過するんだろう?賃貸の審査を通過するために何か対策とかあるなら知っておきたいな〜[/voice]

 

こんな疑問に答えます。

 

この記事では、

  • 派遣社員は、賃貸の審査が通る理由
  • 審査に通るためのポイントは3つ
  • 審査に落ちてしまったときの行動3つ

以上を解説します。

 

ちなみに僕の経歴は、

  • 派遣社員歴計4年(2020年8月時点)
  • 過去に3社の派遣会社に登録している
  • 化粧用品関係、自動車、電子部品、化学系の仕事を経験
  • 現在、無期雇用派遣社員として働いている

とこんな感じです。

 

過去に何度も派遣社員として賃貸を借りてきました。

自分の失敗談を交え、紹介していきます。

ぜひ、参考にしてください。

派遣社員は賃貸の審査が通る

contract image

家賃を支払う能力があれば、借りられます。

これから解説するポイントをクリアしているからです。

 

ただし、派遣社員の場合は、収入が安定しないという理由から、審査に通るための壁は高いです。

それでも、審査に通過するには、あとで解説するポイントをクリアすればOKです。

 

あくまで、働く先が決まっていることを前提としています。

なので、まずは派遣会社に登録して、働く先が決まってから賃貸を借りましょう。

審査に通るためのポイントは3つ

checklist image

以下の3つです。

  • 身なりや態度に気を付ける
  • 保証人をつける
  • 就業している

順に解説します。

①身なりや態度に気を付ける

直接、審査に関係ないと思いますが、見た目は大事です。

 

印象やイメージから、

  • 家賃を払ってもらえるのか
  • お金使いは荒くないか

この辺りの判断を、多少なりともしているからです。 

 

オーナーは、どんな人が部屋を借りるのか知りたいわけです。

なので、身なりはしっかりとしておくに越したことありません。

 

この点は、よほど第一印象が悪くなければ、問題ないかと・・・。

②保証人をつける

安定した収入のある人を、保証人につけることです。

もし、自分が支払うことが難しくなったときに、代わりに払ってもらう存在が必要だからです。

ここでは、自分の親を保証人にしておけば、まず問題ないでしょう。

 

もし保証人が立てられないなら、保証会社に依頼することになります。

そのときは、ある程度の審査が必要なので、保証会社に依頼する場合は、保証会社の審査も確認しておくとイイでしょう。

③就業している

やっぱり、働く先が決まっていても、就業していなければ審査は難しいでしょう。

 

過去に長く働いていた実績があれば、すぐに審査が通る可能性もあり得ます。

 

でも、最も確実なのは、その時点で就業していることですね。

就業先で、最低でも1ヶ月働いてから賃貸の審査をするのが吉。

✔︎経験談

僕の場合、派遣社員で働き始め2ヶ月が経過して、賃貸の審査をしたとき、すぐに通過しました。

その理由は、

  • 直近で5年間同じ企業で働いていた
  • その内、正社員で2年働いていた

以上の実績があったからです。

 

こうした過去の実績があれば、もしかしたら通過する可能性は広がるかもしれません。

 

たとえば、アルバイト経験をしていたなら、その時の実績をアピールしてみるのもイイかもです。

 

あくまで、参考に・・・。

審査に落ちてしまったときの行動3つ

action image

それでも、審査に落ちてしまったという人のために、やっておくべき行動を紹介します。

①滞納歴がないか確認

今まで、クレジットカードや借金などの滞納がないこと。

お部屋を貸す側は、毎月決まった金額を、期限までに支払ってくれるか気になるからです。

 

過去にこんな経歴があると、信用問題があると判断されて、審査が通りにくくなってしまいます。

過去にこうしたことが無かったか、確認しておきましょう。

②貯金があるか

全くないよりは少しは、あったほうがイイでしょう。

貯金がある人の方が、支払いに余裕があると判断されるからです。

 

絶対条件ではないですが、貯蓄をしている人は、お金に関してしっかりと管理できる人と判断される材料になります。

あるなら積極的にアピールするとイイでしょう。

③物件を選びなおす

身の丈に合ったお部屋を選びましょう。

可能性として、家賃の支払いが難しいと判断されているからです。

 

派遣社員の収入は、不安定だと判断されがちです。

そのため、収入に見合った家賃の物件を選びましょう。

収入に対して、あまりにも高い家賃ですと、審査に通りにくくなります。

 

もし、審査に通ったとしても、いざ住み始めたら、家賃を払うことで、一杯一杯になってしまいます。

具体的な目安として、

収入の3分の1程度、もしくはそれ以下

が、理想的な数値を言われています。

 

ある程度余裕を持って、思い切って4分の1以下に抑えてみるのもオススメです。

✔︎失敗談

僕がやってしまったことは、手取り16万円に対して、家賃7万円の賃貸に住んだことがあります。

おかげで、生活するのがキツくなり、家賃の安い部屋に引越した経験があります。

 

もし、審査が通ったとしても、

  • この収入でこの家賃を払って生活ができるのか
  • ある程度の貯金ができるのかどうか

この辺りを最低でもしっかりと考えてから、部屋をきめましょう。

 

なんのために働いているのか、分からなくなってしまいます・・・。

(同じ失敗をしないように・・・)

質問①:それでも審査が通らなかったらどうすればイイ?

少なくとも半年、長くて1年半継続して働こう。

安定して働いていることの証明になるからです。

 

お部屋を貸すオーナーは、家賃を支払ってくれないと困ってしまいます。

なので、安定的な収入があることが絶対条件です。

 

上記で紹介した、3つのポイントをクリアしていても、長く働いて安定した収入が保証されないと難しいですね。

過去に長く働いた実績があれば、ある程度審査は通りやすくなります。

質問②:どうしても早めに一人暮らしを始めたいけど方法はない?

寮付き派遣会社に登録するのも手段です。

働く場所と住む場所が同時に決まるからです。

 

派遣会社の中には、寮付きのところもあります。

特に、仕事にこだわりがなければ、寮付き派遣会社を選ぶのも一つの方法です。

ざっくりと、寮付きのお仕事を紹介している派遣会社をまとめてみました。

参考にどうぞ。

 

派遣社員の賃貸の審査は難しいと考えられていますが、そこまで深く考える必要はありません。

とはいえ、登録しても働いてないときには、契約時にドキドキです。

なので、始めはいろいろ不安があると思います。

 

経験者として言えることは、住む場所を確保することも大事です。

しかし、まずはしっかりと派遣先で仕事をするところからスタートですね。

そうすれば、間違いなく賃貸で生活する夢が近づきます。

 

働き始めればあっという間です。

貯金や収入がある程度安定したら、賃貸での生活を考えても遅くありません。

そのときに思う存分、賃貸探しを楽しむと、より夢が広がりますよ!

 

そんな感じです。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました