派遣に登録しても企業で受からない理由【受かる為の対策3つ紹介】

天を仰ぐ人画像 派遣社員

[voice icon=”https://masahikoblog.net/wp-content/uploads/2020/08/business_man1_3_cry.png” name=”派遣先が見つからない人” type=”l big”]派遣に登録したけど、派遣先の顔合わせでなかなか受からない・・・。なんで顔合わせしたのに受からないんだろう?どうすれば派遣先で働けるようになるんだろう・・・。なんとかして受かりたいからアドバイスがほしい![/voice]

 

この疑問をわかりやすく解説します。

 

この記事では、

  • 派遣先で受からない理由
  • 派遣先で受かるためのポイント3つ

こういった内容を紹介しています。

 

ちなみに僕の経歴は、

  • 派遣社員歴計4年(2020年8月時点)
  • 過去に3社の派遣会社に登録している
  • 化粧用品関係、自動車、電子部品、化学系の仕事を経験
  • 現在、無期雇用派遣社員として働いている

こんな感じです。

 

派遣社員としての経験が豊富にあるので割と参考になるかと。

自分が感じた体験談的なことも書いているので、是非活用ください。

派遣に登録しても企業で受からない理由

this is it image

これに当てはまってる可能性大です。

  • 身だしなみが悪い
  • スキル・経験不足
  • コミュニケーション不足
  • 派遣先の年齢ギャップがある
  • 派遣先の求める人材ではなかった

くわしく解説します。

身だしなみが悪い

派遣社員だけの問題じゃないですね。

やっぱり人の第一印象は大事

 

多くはスーツを着て、顔合わせがほとんど。

しかし、中には私服OKというところもあります。

私服の場合は、あまり派手すぎるものよくないです。

 

あとは、髪型や姿勢、顔のお手入れなど、しっかりと気を使わないと受かりづらいでしょう。

✔️体験談

私服での顔合わせの時に、僕以外の派遣社員が、かなり派手な格好で来ていました。

その時、派遣先の人の反応は、あまりイイ感じではなかったです。

結果、その人は受からなかったと聞いてます。

 

身だしなみに多少なりとも気を使わないと、受かりづらい傾向のようですね。

スキル・経験不足

派遣先が求めているスキルと違っていたかもです。

派遣先で必要なスキルを持っていても、不足していると判断されたらほぼ受かりません

 

この場合、自分の実力不足を疑うより、派遣会社のミスと前向きに考えましょう。

とはいえ、自分のスキルが足りないと言われているようで、自信を失ってしまうと思います。

 

ここはいっそ気持ちを切り替えて、自分のレベルにあった派遣先を紹介してもらうのが得策。

そこで、さらにスキルを磨いて、レベルの高いところに挑戦してみるのもいいですね。

 

未経験でスキルも何もないよっていう人には、派遣社員で未経験の仕事ってどうなの?【その不安3ステップで解説】で、スキルや経験不足から働ける環境が、揃っていることを解説しています。

コミュニケーション不足

必要最低限のコミュニケーションは必要です。

  • 質問に対して的確に答えられること
  • 自分の意思をしっかりと伝えられること

このあたりがしっかりと受け答えできれば、問題ないと思います。

✔️経験談

自分がした意識したことを紹介します。

 

自分はコミュニケーションが苦手な方です。

それでも、派遣として働く時には、うまくこの問題を解決できました。

 

特に重要だなと感じたことは、

  • 「YES」、「NO」で答えられる事は、どっちかハッキリ言う (あやふやな答えは相手を不安にさせてしまう)
  • 自分の意見を言うときは、「〜です」とか「〜と思います」と断定して伝える (「・・・ですかね〜」とか、自分のことなのに曖昧な答え方をするのは避けるべき)
  • 答えられないことは、「すいません」と前置きをして話せないことを伝える (「申し訳ないです」とか「〜は自分にはわかりません」みたいな感じ)

このあたりができればコミュニケーションの問題は解消されるかと・・・。

人によってコミュニケーションの苦手なジャンルが違うので、参考までにどうぞ。 

派遣先の年齢のギャップがある

企業によっては、年齢で判断するところもあります。

仕事の内容によっては、年齢によって難しい内容もあるからです。

怪我にもつながりかねないので、企業がそうした判断のもとで、受からないのかもしれません。

✔️経験談

僕が、正社員だったときの、派遣社員に対しての仕事の与え方をお伝えします。

 

派遣社員に仕事をお願いするとき、年齢によってやれる仕事が限られることもありました。

もし、無理に作業させたときに、怪我やトラブルの原因になる可能性があります。

 

こうした問題が起きると、こちら側の責任問題になってしまいます。

この問題を起こさないために、前もってトップの判断で落としているともいえます。

派遣先の求める人材ではなかった

顔合わせでどんな人なのか、はじめて分かります。

そのため、派遣先のイメージしていた人材とギャップがあると、受からない可能性があります

 

とはいえ、派遣先はある程度、どんな人材が来るのか把握しています。

しかし、書面と実際にあったときでは、少なからず差があります。

そのときに、社風や雰囲気が合わないと判断されてしまうと、受からない可能性があります。

 

もし、受からなかった原因が、ココだったら、結構メンタルやられます。

派遣先で受かるためのポイント3つ

three image

くわしく解説します。

①派遣会社と事前に打ち合わせ

学生の頃の受験面接と同じ感覚です。

  • 前もって何を話すのか
  • どんなことをしてきたのか
  • 派遣先の雰囲気はどんな感じか
  • 派遣先の仕事内容を確認

自分の気になるところも、このタイミングで聞いておくと、気持ち的にラク。

しっかりと打ち合わせしておきましょう。

準備は大事です!

②身だしなみに気を付ける

受からない理由で解説したことと被ります。

もう一度振り返ると、人は第一印象が大事です。

 

服装、髪型、顔、姿勢など、派遣でも面接は重要!

自分をよく見せましょう。 

✔️体験談

普段着でも、あまり派手な格好やジーパンを履いての面接は、避けるのが吉。

カジュアルな服装でも、目立たない清潔感のある服装にすることをオススメします。

自分は、無地のTシャツをチノパンで合わせて問題なしでした。

普段着が派手目の服をきている人は、スーツを用意しておくといいかもです。

③派遣先からの質問にしっかりと答える

先ほどの①派遣会社と事前に打ち合わせで紹介した内容を実施していればほぼ問題ないかと。

もし、困ったことがあれば、派遣会社の営業担当に助けを求めることも一つの手です。

 

そのときに営業担当が、どのくらいあなたのことを理解しているのかが重要です。

なので、事前の打ち合わせのタイミングで、自分のことをしっかりと伝えておくのがグッド。

 

そうすれば、営業担当者が上手にフォローしてくれます。

つまり、営業担当者にこそ、自分をめちゃめちゃアピールすることが重要です。

自分が今登録しているリクルートスタッフィングは、フォローがしっかりしているので安心しています。

 

派遣先で受からなかったとき、メンタルのダメージは大きいです。

自分でやれる対策は限られてます。

しかし、紹介したことをしっかりと準備しておけば割と受かりやすいかと・・・。

 

こんな感じで、どんどん行動してみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました