シフト制正社員のデメリット6選【メリットもあるよ!】

ビジネス

「シフト制正社員のデメリットってどんなことがあるの?」

「シフト制のメリットもできれば知りたいなぁ〜」

「シフト制の仕事にどんな種類があるのか気になる・・・」

その疑問を解説します。

シフト制正社員のデメリット6選

(17)

この記事では、

  • シフト制正社員のデメリットがわかる
  • シフト制正社員のメリットがわかる
  • シフト制正社員の職種がわかる

以上3点を紹介します。

ちなみに僕の過去の職歴は、

  • 正社員 3回(計4年)
  • 契約社員 1回(3年)
  • 派遣社員 5回(計3年)

こんな感じ。

シフト制で働いていたのは契約社員の時です。

自慢になって恐縮ですが、ほぼ正社員と同じレベルで仕事をしていました。

20代実家暮らし向け|3年で契約社員から正社員になるには【製造現場で実証】

僕の経験を交え、シフト制正社員のデメリットを解説します。

ちなみにシフト制の働き方は、働く時間と曜日が決まっていない働き方です。

たとえば、

「今週は火曜日と金曜日に休みがあり、翌週は月曜日と木曜日に休みがある」

とか、

「今日は10時から19時の勤務、明日は13時から22時までの勤務」

とか。

ざっくりとこんな感じだと考えればオッケー。

だいたいのシフト制の働き方は、この2パターンの混ざったものがほとんど。

ただシフト制と言っても、働きすぎるという心配は必要なし。

その理由は、労働基準法によって働く時間が決まっているからです。

なので、

  • 休みが少ない
  • 働く時間が長すぎる

なんてことは法律に違反するのでまず無いです。

もっと詳しく知りたい人は、厚生労働省のホームページで確認できます。

シフト制正社員のデメリット

(16)

こんな内容、

  • 土日祝日の休みが取りづらい
  • 休日の予定が決めづらい
  • 生活スタイルが崩れる
  • 長期休暇も出勤
  • 連休が取りにくい
  • 急な休みを申告しづらい

以上です。

休み関係のデメリットが目立ちます。

くわしく解説しましょう。

土日祝日の休みが取りづらい

自分と関わる人との時間を合わせづらくなります。

世の中土日祝日休みという会社が多いため、こうしたところで働いている人と関わるのが難しいです。

具体的に、友人、恋人、子供などなど・・・。

とくに子供を持っている人は、子供の行事があるときに休めないなんてこともあり得ます。

中には会社や職場によって、この点を考えてシフトを組んでくれるところもあると思います。

実際僕が過去に働いていた会社は、家族の予定を考慮してシフトを組んでいました。

しかし、正社員という立場であると会社や職場によっては難しいかもです。

休日の予定が決めづらい

だいたいギリギリになってシフトを組んでいるところが多いと思います。

そのため先の予定を入れづらいです。

旅行や帰省などタイミングをみながら予定を入れる必要があるかもしれません。

とくに子供のいるところは、子供との約束はカンタンにしない方がイイかも・・・。

約束を守れない可能性が高いです。

生活スタイルが崩れる

シフト制の中で遅番や夜勤になったときは、からだに負担がかかります。

しかも、毎日同じサイクルで働くわけじゃ無いので、からだの負担は想像以上です。

若いうちはなんとか体力でカバーできます。

そのうち年齢と共に体の悲鳴が大きくなると思います。

実際に僕の働いていた周りの先輩方は、

「この年になったらこの辛さがわかるよ」

と言っていました。

20代なら問題ないかと・・・。

長期休暇も出勤

ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始・・・。

世間がお休みでも自分は働かなきゃいけません

そのため、周りの楽しんでいる人がうらやましく思えます。

友人や兄弟がワイワイ楽しんでいる中、自分は仕事というなんとも仲間外れ感がむなしいです・・・。

「そんなことは気にせず働ける!」

という人はごく少数じゃないでしょうか。

連休が取りにくい

旅行に行きたくてもなかなか行きづらいです。

海外旅行は諦めた方がイイでしょう。

僕が知っている中で、新婚旅行で1週間ほど休暇をもらっていた人がいます。

周囲の人の了承を得るのも難しいので、日頃の仕事への取り組み方次第だったりもします。

僕の経験では、2連休はまだ取りやすかったイメージです。

急な休みを申告しづらい

「体調不良で休みます」

これを言ったのはたった1回だけです。

正直申告しづらかったです。(契約社員の立場でも)

そのため、その日のシフトはその日に出勤しているメンバーでカバーしてくれたそうです。

正社員の立場ですとより申告しづらいのではないでしょうか。

たとえば僕の経験ですと、体調不良のなのに出勤をしてきた人がいました。

かなりシンドそうな感じでしたね。

責任の大きい立場である人ほど、急な休みをしづらそうです。

シフト制のメリット

(19)

逆にシフト制のメリットもあるので紹介します。

  • 休日休みの施設に行ける
  • 通勤ラッシュがない
  • 連続出勤がない
  • お出かけ先のラッシュに合わない

と、以外にシフト制はメリットがあります。

くわしく解説。

休日休みの施設に行ける

病院、役所、銀行などなど・・・。

最近は土日でも開いているところが増えてきました。

しかし、まだまだ土日休みのところがあるのが現状・・・。

こうした時に平日に休みがあることにありがたみを感じます

とくに役所の手続きは実感しますね。

土日ですと開いている時間や日にちが限定されてる上に、その日を狙って手続きに来る人も多いですからね。

通勤ラッシュがない

社会人のストレスの1つですね。

これがないだけでも、ストレスが軽減されているんじゃないでしょうか?

シフト制正社員の特権ですね!

とくに電車通勤の人は、この点は実感しやすいのかと・・・。

連続出勤がない

土日休みじゃ無いので、5連勤というのがまずほとんど無いです。

そのため一時的に中休み的な感じで、休日が入ります。

ほとんどの会社員は、水曜日や木曜日あたりで疲れが溜まってきてる感じです。

まさに今の自分がそんな感じ・・・。

でもシフト制だと、ベストタイミングで休日がやってくるというのがあります。

たまに4連勤があると、「長いな〜」と思いました。

お出かけ先のラッシュに合わない

これも嬉しいですね。

たとえば、テーマパークなどの娯楽施設は休日だと人がたくさんいて楽しめないことが多いです。

しかし、平日に行けばそこまで人も多く無いし、ごみごみした感じかないので特別感が味わえます。

まるで気分はVIPですね!

あとは行き帰りの渋滞にも巻き込まれにくいというのもあります。

楽しんだ帰りに高速道路の渋滞を味わうストレスは、たまったもんじゃないですよね?

これが全くないのはサイコーです。

シフト制正社員の職種

(20)

だいたい予想がつくと思います。

  • 配送業者(新幹線操縦士、トラック運転手、飛行機パイロット)
  • 販売員(スーパー、飲食店、コンビニ)
  • 娯楽施設管理者(テーマパーク、観光スポット)
  • 医療系スタッフ(医者、看護師)
  • ホテル従業員(旅館)
  • コールセンター

こんな感じ。

土日休みの人は、その日に働いている人がまさにシフト制で働いている人です。

どれも大変そうな仕事ばかりです。

肉体的にも精神的にもキツそうで、ブラックと呼ばれる傾向があります。

しかし、こうした人が働いているおかげで僕たちの生活が成り立ってるのも事実

ちなみに僕のシフト制の経験は、食品製造です。

24時間365日稼働の工場でした。

食品系の職種にもシフト制は多くあります。

まとめ

シフト制正社員をまとめるとこんな感じ。

メリット

  • 休日休みの施設に行ける
  • 通勤ラッシュがない
  • 連続出勤がない
  • お出かけ先のラッシュに合わない

デメリット

  • 土日祝日の休みが取りづらい
  • 休日の予定が決めづらい
  • 生活スタイルが崩れる
  • 長期休暇も出勤
  • 連休が取りにくい
  • 急な休みを申告しづらい

中には、
「シフト制の方が自分に合ってる」
という人もいます。

働き方は人それぞれです。

自分に合った働き方を見つけ出しましょう。

最後に一言・・・。

僕個人の感想として、シフト制の働き方は悪くないと思います。