AmazonのBluetoothワイヤレスイヤホンは万能すぎて手放せない!【無いと困る】

便利

「イヤホンのコードが邪魔だなぁ〜」

「これを機にワイヤレスイヤホンに変えてみようかな〜」

「でも使いづらくて結局使わなくなるのもイヤだし、安いものから探してみるか・・・」

(ポチッポチッ)

「安くても、少しくらいは良い機能が付いてると良いよな〜」

「あれ?思ったよりも種類が豊富にそろってるな〜」

(ポチッポチッポチッポチッ・・・)

「結局どれがいいんだろう・・・」(どれもコレもよイイな〜)

・・・

1年前に初めてワイヤレスイヤホンを買った自分が、どのワイヤレスイヤホンをつかって今でも愛用しているのか紹介します。

そのワイヤレスイヤホンは、AmazonのBluetoothイヤホンです。

ではこのワイヤレスイヤホンが、どんなかたちで生活に役立っているか具体的に紹介します。

いまや生活の必需品になるくらい、手放せない存在です。

記事の内容

  • AmazonのBluetoothワイヤレスイヤホンがわかる
  • ワイヤレスイヤホンを使うようになってどう生活に変化があるのかわかる

AmazonのBluetoothワイヤレスイヤホンは万能すぎて手放せない

もはや生活する上では欠かせないアイテムになりました!

それでは具体的に解説していきます。

ワイヤーが無いから邪魔にならない

「音楽聴きながら、TOEICの勉強をしよう!」

「スマホにイヤホンをつないで・・・」

(カチッ!)

「邪魔にならないところは・・・、この辺りに置いておこう」

「よし!勉強始めるか!」

・・・

(ブラ〜ン、ブラ〜ン、ブラ〜ン・・・)

(なんか、気になる・・・)

「いかん!コードが気になって集中できない・・・」

「こうしたら、どうだろう? いや、こうした方が邪魔にならないかな」

時間だけが過ぎていく・・・

「あぁ〜、なんか絡まってきたぞ」(イライラ)

「しかも変なことして、ねじれてグネグネしてるぞ」(どうしてこうなった?)

「あぁ〜もう!勉強進めたいのに〜」(この時間はなんなんだ!)

・・・

コード付イヤホンを使っていると、こんな経験しませんか?

自分はいろんな場面でこうしたイライラがありました。

最終的には、なんだか気持ちが悪い状態でイヤホンを使うことで納得していました。

 

しかし、ワイヤレスイヤホンだとこうしたイライラがなくなります。

 

「よし、音楽聴きながら勉強しよう!」

「イヤホンを取り出して・・・」(コードがないし耳につけるだけでラクチン)

(勉強集中モード・・・)

「けっこう集中して取り組めたぞ」(スゴイはかどった!)

「ワイヤレスイヤホンだと視界にコードが入ってこないし、絡まることもないからイライラしなくなった」

コードがなくなったことで、ストレスがかなり減りました。

耳につけるだけでカンタン装着だから、コードでゴチャゴチャする事がありません。

スマホなどのデバイスもどんなところにあっても使えるのはウレシいですね!

※イヤホンとデバイスの距離は、ある程度の範囲内であれば離れていても使用できます。

 

家事をしながら使える

「たまには、風呂掃除しないとな〜」(ママの負担も減るだろうし・・・ここはイイとこ見せておこう)

「かといってYouTubeを止めるのもイヤだし、聴きながらやるか」

(リビングにスマホ置いてても大丈夫かな〜?)

「お〜、これだけ離れても聞こえるぞ!」

「風呂の中まで大丈夫かな〜?」(ふつうに使えてるじゃん!メチャ便利!)

「防水機能付いてるから多少濡れても大丈夫だしね!」

(アレ?もしかして結構かしこい使い方してるんじゃ?)

(ほかにもスゴイ便利な使い方ができるんじゃないか?)

「うわ〜!メチャ便利!コレは使える!」

「これなら、ワイヤレスイヤホン付けながら何でもできるぞ!」

・・・

3人の子供がいる自分には、コレは大きいですね!

お陰で色んな場面で活用できてます。

例えば、洗濯物を干す時、食器を洗う時、料理をしている時、適当に子供と遊んでいる時(怒られそう)、たまにやる筋トレする時・・・。

活用の幅はとても広いです。

自分のさいしょの購入の目的は、通勤時や帰宅時の時間を有意義に過ごすためにワイヤレスイヤホンを買いました。

それが以外なかたちで活用できることを知り、ワイヤレスイヤホンの便利さをより痛感しています。

 

2人で離れていても共有できる

(トントン・・・。クツクツ・・・。ジャージャー・・・。)

「ママ!今いい情報流れてるから聴いてみて!」

(今、料理中なんだけど・・・。ウルサイな〜)

(片方のイヤホンを渡す)

「この内容、今のこども達に使えるんじゃない?」

(2人で離れてシェアできるなんて、スゴく便利だな〜)

「この内容だったら、チョット試してみてもいいかもしれないね?」

「そうだね〜」

・・・

妻と共有したい情報がある時、片方のイヤホンを渡してシェアすることができます。

コードがある場合、近くにいる必要があって離れることができません。

しかし、ワイヤレスイヤホンだと家の中であれば多少離れていてもシェアできます。

この使い方は自分の自己満足でしかないので、参考までに・・・。

ただ、大音量で流すより音が聴き取りやすいし、デバイスから離れたとしても聴こえないなんてことがありません。

 

もうワイヤレスイヤホンは必須アイテム

外出中もそうですが、もはや家の中でも必要なアイテムになってます。

今は音声でいろんなことができるようになってきました。

音楽、オーディオブック、YouTube動画などなど・・・。

コレらのサービスをうまく活用するなら、ワイヤレスイヤホンはあって損はないと思います。

初めて使う人にオススメできるワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホンがどんなものか試しに使ってみたい人に、自分が初めて買ったときの判断基準を元に紹介します。

購入する時に考えたことは、

  • 価格
  • デザイン
  • イヤホン部分のフィット調整

以上3点を重要視しました。

とりあえず安いものでいいモノを使いたい

長く使うかどうかわからなかったからという理由があります。

そして、10年ほど前にBluetoothイヤホンを買って失敗した経験があったから安いものがイイというのもあります。

そのため高価なモノでもなくお手頃なモノで、そして音質もそこまでこだわりがなく選びました。

 

なので音質とか特に気にしない人は低価格のもので十分だと思います。

見た目は大事ですね!気に入ったモノを選びます

お試しでも実際に使うことを考えると少しでも自分の気に入ったデザインを選びたいモノです。

ワイヤレスイヤホンにはいろいろなデザインがあるので、その中から気に入ったデザインを選びましょう。

 

男の自分は見た目がカッコいいモノを選びました。

 

耳の穴のフィット感が調整できるかどうか

付け替え可能なイヤホン部分かどうか確認しました。

合わなければ使い物にならないし、外れやすくなったり、痛くなったりします。

こうした問題を起こさないために、アタッチメントが交換可能か確認しましょう。

コレ結構大事ですね!

ワイヤレスイヤホンに限りませんが・・・。

まとめ

ワイヤレスイヤホンを使い始めたことがとても生活を快適にしてくれました。

  • 通勤帰宅時の時間の有効活用
  • 家事や育児のあいだのオーディオ学習
  • お風呂以外はワイヤレスイヤホンは手放せない(言い過ぎ!)

もはや、なくなったら困るほどの存在になってます。

今は、妻にもオススメするくらいに便利なアイテムです。